「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

獣医師からの健康注意点

ペットのアレルギーについて《獣医師からの健康注意点》

こんにちは。前回の「ペットの花粉症」のお話に続いて、今回はペットのアレルギーについてのお話です。

 

アレルギーの種類

生活や環境の変化によって、アレルギーになるペットが増えています。
アレルギーになって症状が出る原因としては、おもちゃや食器、じゅうたん等による「接触性」、ハウスダストや花粉による「吸引性」、食べ物やおやつによる「食餌性」などが考えられます。

 

アレルギーの症状・原因

症状は皮膚に現れ、目や口の周り、脇の下、内股が赤くなり、いつも痒がり引っ掻いていたり、掻きすぎたりしてしまい脱毛してしまうこともあります。原因となるフードやおかしを食べて、軟便になる子もいます。
それぞれのアレルギーに分けてみますと、

 

●接触性アレルギー●
アレルギー物質と接触していた部分だけに強く反応が出るのが特徴です。
症例として、新しくプラスチックの器を購入してきてご飯を与え始めたら、口の周りだけ赤くなり始め、フードを変えても皮膚症状は改善しない・・・。 そんな時に、飼い主さんにもっと詳しく話を聞いてみたら、実は食器が原因だったことがあります。
別のケースでは、お子さんが、可愛い愛犬のためにおこづかいで買ってきた、おもちゃのゴムボールが原因だったこともあります。

 

●吸引性のアレルギー●
反応を起こす原因の大部分を占めるかもしれません。人間では「アトピー性皮膚炎」と呼ばれます。
ハウスダストや花粉、ダニなどが原因で、それらを吸引して反応が起きてしまいます。部屋の掃除を徹底し、空気清浄機を利用するなどの対策で多少の改善は見られますが、完全に避けることは困難です。

 

●食餌性のアレルギー●
原因物質を特定し、それ以外の食材を使ったフードを選べば、かなり改善するはずです。原因物質の多くはチキン、ビーフ、ポークなどのタンパク質や、おやつにも含まれる乳成分や小麦粉です。
気を付けたいのは、散歩中に会った誰かにおやつを貰ってしまうことです。あげるほうには悪気はないので困ってしまいますが、逆を考えると、散歩中におやつを与える際には、飼い主さんに聞いてから与えるようにしてくださいね。

 

痒がっている、皮膚が赤いなどの様子が見られたら、アレルギーを疑い、まずはかかりつけの動物病院で相談してみましょう。

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ペット災害危機管理士®認定講座のご案内

SAEは、教育という観点から人と動物の真の共生社会づくりに貢献していくため、愛玩動物救命士資格講座をはじめとする、ペットの命と健康を守る正しい知識を提供する通信/通学講座・セミナーを展開しています。

 

平成27年2月に、SAEは飼い主の危機意識の啓発のため「ペット災害危機管理士®」資格を発足しました。地震・火災など有事の際、ペットと飼い主を避難誘導・救援等するため、飼い主の統率を取るスペシャリストの育成事業として4級から1級まで、「準備」「避難」「責任」「指導」の4段階に分けた実践力のある認定資格です。

当講座は、

神奈川県箱根町
一般社団法人 気仙沼観光コンベンション協会
リアス・アーク美術館

の後援名義の使用が承認されており、2級・1級の実地研修先として協力を頂き、全国に先駆け自治体と取り組む講座となります。

 

▼ペット災害危機管理士® 今後の開講スケジュール▼
※SAEペットの資格サイトが開きます

【1級】(通学講座のみ、場所:気仙沼市)
4月21日(土)-22日(日)詳細はコチラ

 

【2級】(通学講座のみ、場所:箱根町)
※次回開催は2018年4月以降を予定しております。日程が決定次第、受付開始いたします
講座詳細はコチラ

 

【3級】
(通信講座)詳細・お申込はコチラ ☆4級+3級のお得なセット申込あります!
(通学講座、場所:東京銀座)
3月25日(日)午後 詳細・お申込はコチラ  ★4級講座と一緒にお申込頂けます!

 

【4級】
(通信講座)詳細・お申込はコチラ ☆4級+3級のお得なセット申込あります!
(通学講座、場所:東京銀座)
3月25日(日)午前  詳細・お申込はコチラ  ★3級講座と一緒にお申込頂けます!

 

災害が多発する日本列島において、SAEでは当該有資格者が増えることにより、飼い主への安心安全サポートを強力に且つ効果的に行うことのできる環境とコミュニティー創りを推進していきます。

「ペット災害危機管理士」は、一般社団法人 全日本動物専門教育協会の登録商標です。(登録商標第5784901号)

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

★プレミアム講座★ヴィベケ・リーセ 2018 JAPANツアー(春)受付中!

ヴィベケ・リーセ 2018 JAPANツアー(春)のお申込受付中!
2018 JAPANツアーでは、SAE主催セミナーならびに、ヴィベケ・リーセRPTM日本本部との共催セミナーも開催します。また、昨年10月に実施した2017ツアーよりも取り扱うコースが増え、お申込頂ける種類が大幅に多くなっております。
大変人気のため、すぐに定員に達するコースも多いです。ぜひお早めにお申込ください!

ツアーの詳細はコチラから
※SAEペットの資格サイトが開きます

 

 

ヴィベケ・リーセ氏とは

デンマークより、世界の第一線で活躍している動物行動学(メインは犬)のスペシャリスト。30年以上に亘る様々な動物との出会いと研究で培われた類まれな「犬を読む力」を基礎に『ヴィベケ理論』を確立され、海外や日本での講演・セミナー実績や著書も多数発行した専門家です。

ヴィベケ・リーセ氏のprofileはこちら(PDF)

当協会は、ヴィベケ・リーセ氏のエージェンシーである「ヴィベケ・リーセRPTM日本本部」と提携し、 \ペット業界において唯一の教育提携機関/となり、ヴィベケ・リーセJAPANツアーの初めての取扱代理店となりました!

 

ヴィベケ・リーセJAPANツアーとは

ヴィベケ・リーセ氏がデンマークから来日して、トレーニングのアカデミック講座やセミナーを約1ヶ月に亘り東京や大阪で開催します。ヴィベケ・リーセ氏の講座・セミナーでは、“まず、犬を知り”、犬に人との共生する術を伝えることを目的としております。日本で、この貴重な講義を受講する事が出来るのは、このプレミアム講座のみです!

 

ヴィベケ理論とは

ヴィベケ・リーセ氏の目的は、犬を「訓練」するのでなく、犬に人と「共生」する術を伝えることです。
犬と人とは種の異なる動物です。犬という動物を知ることで、私たち人間は犬を正しく扱うことができるようになります。まず、犬を知り、理解することから始めましょう。理解すれば、彼らは今の何倍も私たちに信頼を寄せてくれるようになります。「理解があるから愛が生まれる。」それがヴィベケの信念です。

 

 

▼ヴィベケ・リーセ 2017 JAPANツアーの様子

  

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

ペットの花粉症《獣医師からの健康注意点》

まだまだ冬の真っ只中で春が待ち遠しいですね。ただ、春の訪れとともにやってくる「花粉」が心配な時期にもなってきました。人も辛い「花粉症」今回はペットの花粉症のお話です。

ペットの花粉症の症状

近年では、犬や猫の花粉症が急増していると言われています。犬や猫の花粉症は人とは違い、肌から花粉を吸収し、身体をかゆがったり、目をショボつかせたりする事が多く、主に皮膚に疾患が出る事が多いです。人間と同じようにくしゃみ・鼻水の症状もみられます。
なかなかペットが花粉症になっているとは思わず、動物病院に連れてきて、花粉症と知る飼い主さんも多いです。いつもと体調・様子が違うと気付いたら、まずは動物病院で診察してもらうことが大事です。

 

花粉症予防策

ワンちゃんには、マスクではなく、洋服が必要です。被毛に花粉が付着するのを防ぎます。花粉を落としやすいよう耐久撥水性のあるツルツルした生地で作られた服や、花粉が付きにくいよう静電気をなるべく抑えられる素材で作られた服など、最近は様々な花粉症予防のための洋服があります。静電気の発生を抑制し、花粉の付着をガードするスプレーもありますね。

 

花粉の飛散が多い時間帯を避けてお散歩するのも、予防対策の一つです。安定した気象条件下では、早朝から午前中に飛散量は増え、夕方から落ち着くと言われています。これからの季節のお散歩は、早朝または夕方以降が良いでしょう。

 

お散歩から帰宅したら、玄関に入る前に飼い主もワンちゃんも上着・洋服を脱ぐのが理想的です。室内にいつもいる猫ちゃんも、飼い主が外から持ち込む花粉でアレルギーを起こす場合があります。家の中に花粉を持ち込まないことが症状を悪化させない対策です。

 

花粉は空気より重いので床に溜まります。ペットは人間より床に近い所に鼻があり、床に落ちた花粉を吸い込みやすいので、こまめに掃除することが大切です。

 

 

メルマガ

★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

寒い時期は特に注意が必要~膀胱炎~《獣医師からの健康注意点》

こんにちは。前線が居座り寒波がまだまだ去ってくれませんね。特にこんな寒い時期に気を付けたいのが膀胱炎。冬に限らない病気ですが、冬場は飲水量や排尿回数が減ることにより膀胱炎が起こりやすくなります。今回はペットの膀胱炎のお話です。
膀胱炎は慢性化しやすく、再発も多い病気です。膀胱炎の原因の中でも多いのが尿石症。日々の生活習慣や体質で、尿の中にミネラル成分が貯まり結石化してしまう病気です。石ができる場所によって膀胱結石、尿路結石とも呼ばれます。

ゴールデンお散歩

【原因】
膀胱炎になる原因はいくつか考えられます。
1.外傷性のもの ・・・ 高いところから飛び降りた拍子などお腹をぶつけた時になります。
2.細菌性のもの ・・・ 尿の出口から細菌が逆流して尿道や膀胱が感染して炎症になったもの。
3.尿結石
ほかにも腫瘍があるなど原因はありますが、多くはこの3つかもしれません。

尿石症は、体質が関係していますが、日々の食生活や運動、トイレに行く回数や飲水量なども影響します。尿路に結晶ができ、その物理的刺激で尿路が傷つけられ炎症や出血を起こします。そして、その結晶が集まってきて結石になり、それが尿路のどこかにつまってくると尿が排出できなくなり、膀胱破裂や腎不全、尿毒症で死亡することもあります。

【症状】
尿石症で多い症状は、下記の通りです。
■何度もトイレに行く
■トイレに行っても少ししか尿が出ない
■抱き上げようとすると嫌がって鳴く
■尿の色が変化し、赤い血尿をしている
■発熱、食欲不振

尿検査をすると、尿に血液が混じっていて、アルカリ性(pH8~9)を示し、遠心分離した尿を顕微鏡で見ると、ストラバイトなどの結晶が観察されます。慢性化し重症なものでは、レントゲン撮影すると膀胱内や尿道中に結石が観察されます。

【治療】
治療は、炎症を抑えるための抗生物質と血液が出ているので止血剤などです。
尿結石ができやすい体質になっているので、その石を貯めない、石を溶かす食生活を徹底します。今は美味しくて石になりにくくする処方食がいくつものメーカーから発売されていますので、そのフードを中心に食べ続けることが治療であり予防になります。
その他には、サプリメントなども使用されています。

【予防】
●水分をたくさん摂る。
●太らないように適度な運動をする。
●決められたフードを食べ続ける●
●トイレにいつでも我慢せずに行かれるようにトイレの設置数を増やす、トイレを静かな場所に移動するなど。また、トイレの定期的な掃除が重要です。

 

メルマガ

★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ページの先頭へ