「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

獣医師からの健康注意点

毎日の歯磨きで「良い歯の日」を迎えましょう《獣医師からの健康注意点》

こんにちは。来週11月8日は「良い歯の日」なので、今回は歯についてお話します。

人間は毎日歯磨きをしますが、ペットの歯のケアはできていますか?歯は人間だけでなく、ペットにとっても大切なもの。とくに犬にとっての歯は、獲物を獲ったり、飲み込める大きさに食べ物を噛み砕いたり、身を守るための武器でもあったり、大切な役割を持ち頑丈にできています。もし、愛犬の口が臭いと感じたら、それは大切な歯が歯周病にかかっているのかもしれません。

 

歯周病とは

歯周病は3歳以上の犬の約8割がかかる病気と言われています。実はこの歯周病、口の中の不快感や口臭などの原因になるだけでなく、血流を介して細菌が全身の臓器に運ばれてワンちゃんたちの身体に悪影響を及ぼす怖い病気です。

 

歯周病の原因は、歯に溜まった歯石や歯垢です。歯垢が溜まった状態が続くと、歯石に変化し、普段の歯磨きでは落とせないほど硬くこびりついてしまいます。歯垢は3~5日で歯石に変化すると言われていますので、歯垢の段階で除去しておくためにも歯磨きを毎日の習慣にしておくことが大事です。

 

さらに歯石には、細菌が不着しやすく、歯石が溜まると歯周ポケットができ、歯肉に炎症を起こしやすくなります。そうなると、ますます口臭やよだれがひどくなっていき、さらに進行すると歯が抜けたり膿が溜まったりします。

ひどい歯石の場合には、動物病院で麻酔を打って除去をしないといけなくなり、これはペットの身体に負担をかけてしまいます。また、高齢になればなるほど麻酔をかけての歯石取りはリスクを伴います。そうならないためにも、普段から歯垢の付き具合や口臭をチェックして、ケアをすることが大切です。

 

歯磨き方法

犬用歯ブラシ、または人の子供用の歯ブラシを使って歯を磨いていきます。口の中に固い歯ブラシを入れられるのが嫌な子もいます。その場合は指にガーゼを巻いて、ゆっくり歯をこするように丁寧に磨いてあげましょう。口周りを触られることを嫌がる子は、ガーゼを引っ張り合いする遊びを取り入れるなどして、口周りや歯に触れられることに徐々に慣らしていきましょう。

 

歯磨きは、愛犬との触れ合い、コミュニケーションタイムにもなります。大切な歯のためにも、ぜひ日々の生活に取り入れていきましょう!

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

「換毛期」に向けて被毛のお話《獣医師の健康注意点》

こんにちは。今日は、今時期のような季節の変わり目はワンちゃんネコちゃんは「換毛期」(被毛の抜け替わり)が訪れますね。それに向けて今日は、彼らの被毛についてと注意点などについてお話します。

 

犬も猫も全身が毛で覆われていますが、被毛は大きく分けて2種類あり、それが二重構造になっていて表面側が「オーバーコート」、根元側が「アンダーコート」と呼びます。
「オーバーコート」は、皮膚を保護する役割があり、「アンダーコート」は、体温調節の役割があります。「換毛期」は春先と秋口に訪れますが、秋口の換毛期は、寒くなってるこれからの季節に向けて、体温調節のためアンダーコートが生え変わってきます。反対に春先の換毛期は、暖かくなり不要となったアンダーコートが抜け落ちます。

 

ペットに洋服を着せる意味

毛で覆われているペットに、服は必要かどうか?と質問されることがあります。服を着るメリットとして、よく言われていることが3つあります。

 

1.被毛の飛散防止
換毛期に限りませんが、お出かけに犬を連れていく時、迷惑がかからないように服を1枚着せるだけで随分違います。公共の場やドッグカフェなどペット同伴で入店できる施設が増えてきました。通年、服を着る習慣をつけておけば、そういった配慮ができますね。

 

2.アレルギー対策
虫刺されや皮膚炎などを起こして、犬が患部をなめたり掻いたりするのを防ぐ、特定の植物や物に触れると起こるアレルギーの予防・対策にもなります。

 

3.見つけやすい!
ドッグランなど広い場所で走り回っていると「アレ!うちのコどこ」?と探すことがあると思います。そういう場所では特徴的な服を着ているとすぐに見つけることができます。

 

犬の洋服は、免疫力を高め、治癒能力も高まるので良い、という報告があります。ただ、わきの下や首、袖などあまりきつ過ぎると血行が悪くなり悪影響ですし、ダブダブに緩いと風が入り暖かくないので意味がありません。
また、チワワのような暑い国が原産の犬種など、小型犬の多くは日本と気候が違う外国から来た犬種ですので、短毛や無毛であったり、シングルコートで下毛(アンダーコート)がなかったり、寒さに耐性がなく日本の秋冬の寒さが苦手な子もいるでしょう。(チワワの原産国はメキシコと言われています)
個体差はありますが、飼い主さんの趣味で服を着せるか着せないかではなく、上記のような対策や体調管理のために、そのワンちゃんにあった対策をしてあげてください。

 

また、治療という観点からは、病気の時や手術後など、洋服を着ている方が術後の回復が良いという報告があります。手術部位は毛を刈られてしまい、大きな傷もでき、治癒するときに傷口が痒く、掻き壊したり舐めたりしないように覆う意味で、洋服は効果があります。

毛球症に注意

特にネコちゃんですが、日々被毛を舐めて毛づくろいをしています。その舐めとった毛をすべて飲み込んでしまって起きる病気として「毛球症」があります。

 

普通は、うんちとして排せつされるか、毛の塊を吐き出すことで体外へと排出します。ただ、その貯まっていく過程で、食欲が無くなったり嘔吐をしたりしますが、出てこないことが続くこともあります。そんな時には「ヘアボールコントロール」とか「毛球にも配慮」などと書かれたフードを与えてください。それでも治らない時は動物病院を受診しましょう、内服薬が処方されます。

 

動物病院では「病気だ!」と隅から隅まで検査をした後、特に異常もなく、「なんでだろう...」と思うことがあります。後日、1回ドバッと吐いてケロッとなり、「あっ、毛球だったのね」ということも多くあります。しかし、安易に「毛球症だろう」と考えていると、実は怖い病気が隠れているかもしれませんので注意は必要です。

 

換毛期は、舐めとる毛を少なくしてあげるためにも、なるべくこまめにブラッシングをしてあげてください。そのとき、力は入れずに自然と抜け落ちた分を取り去るくらいの気持ちで行ってあげてください。

 

獣医師からのワンポイント

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

フィラリア予防を続けてください!《獣医師の健康注意点》

こんにちは。冬の気配を感じられるほど急に秋が深まりましたね。秋に入り気温が下がるとフィラリアの投薬を止めてしまう飼い主さんが多いので、今回はフィラリア対策についてお話します。

 

フィラリア症は「犬糸状虫症」とも言われ、心臓に白いそうめん様の虫体が寄生します。
その虫体が子虫を産み、その子虫が血管の中を流れ、飛んできた蚊がその子虫を含んだ血液を吸い、ほかの感染していない犬にうつす病気です。

フィラリアを媒介する蚊に刺されないことが最も重要です。蚊は気温15度~30度で活動が活発になると言われています。いわば今の季節はまだまだ要注意です。虫除け対策も継続しましょう。

 

知っておいて頂きたいのは、フィラリアに対する薬は「予防薬」ではなく「駆虫薬」「駆除薬」であるということ。
蚊を最後に見かけてから、プラス1ケ月または2ケ月は服用させると言われています。関東では11月くらいまで、気温の高い地域では12月くらいまで薬を続けることをおすすめします。

薬を服用すると、小さいフィラリアや未成熟のフィラリア(ミクロフィラリア)を殺す作用があり、その時点で駆虫しています。たとえば9月1日に内服すると、1ヶ月前の投薬日以降からの感染を無かったことにします。薬を飲んだ翌日には、薬は代謝・分解されてしまい体内には残っていないので、投薬した日以降に感染した分は次の投薬で駆虫し無効にできるということです。蚊が居なくなってから、プラス1ケ月または2ケ月後まで服用するのはそのためです。

※南に行くと蚊の発生時期も長くなりますので、旅行へ行く際には、獣医師に相談することをおすすめします。

 
「薬の投与」というと、飼い主さんの多くは毛嫌いしてしまい、「蚊が居なくなったんだから内服薬の服用は止めたい」と思ってしまうのも当然です。ただ、以上の理由で、蚊が居なくなった時期のプラス2ケ月(プラス2回分)、愛犬にお薬を与えることが重要なことを覚えておいてください。

 

犬糸状虫(フィラリア)は蚊の媒介によってのみ感染しますが、媒介する蚊の主なものは アカイエカ、 ヒトスジシマカなどよく見るごく普通の種類です。
感染した場合は、毛づやが悪くなる、咳、腹部が膨らむなどの症状がみられます。重篤になると、呼吸が苦しくなったり、心臓が苦しくなったり、血尿がでます。普段と様子が違うと思ったらすぐに動物病院へ!

 

気候が良くお出かけの機会が増える秋こそ、虫刺されには十分注意してあげましょう。

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

犬の高齢期に備える《獣医師からの健康注意点》

こんにちは。ペットフードの改良や動物医療の発達により、年々ペットの平均寿命は延びています。喜ばしいことですが、寿命が延びたことによりペットにとって生きているうちの半分が高齢期に当たります。 犬の平均寿命は12~14歳、人間に換算するとだいたい64~72歳です。
小型犬のほうが大型犬より長生きし、今後もますます長寿犬も増えると思われます。今回は犬の高齢期に備えるお話です。

 

ギネス公認の世界最高齢犬

ギネス記録として公式に登録されているのは、オーストラリアン・キャトル・ドッグのBluey(ブルーイー)、29歳5ヵ月(1910年 – 1939年)という世界最高記録を持つ長寿犬として知られています。
オーストラリア原産の牧牛犬種の一つといわれており、オーストラリアン・キャトル・ドッグの平均寿命は、12歳~14歳だといわれていますので、いかに長生きしたかがお分かりですよね。犬種や体重によって異なりますが人間の年齢でたとえると、小・中型犬なら130歳を超えるくらい、大型犬なら180歳を超える長寿になるようです。
出生年を確実に証明できる犬としては、現在もこのBlueyが世界最高齢犬として記録を持ち続けているようです。

オーストラリアン・キャトル・ドッグ(ウィキペディア)

オーストラリアン・キャトル・ドッグ(ウィキペディア)

犬が20年以上生きることは、大変珍しいことであり、犬の長生きの秘訣には、飼い主の深い愛情と健康管理が必要不可欠であるといえますね。

 

老化のサインを見逃さないように

大型犬では5歳頃から、小~中型犬では7歳頃から高齢期を迎えます。
いつまでも可愛く愛らしい外見からは、年齢の重みを実感しにくいかもしれません。
老化は病気ではなく、自然に起きる状態ですが、飼い主の心がけ次第で、老化の進行を遅らせ、高齢になっても元気に過ごすことができます。
そのためにも老化のサインを見逃さないようにすることが大切です。
以下は一般的にいわれている「老化のサイン」チェック項目です。
■散歩に行くとすぐに疲れた様子で息があがる
■飼い主への感心が薄れてきた(呼んでも反応しない、おすわり・待てなどの指示に従わなくなってきた)
■昼間、寝ている時間が増えた
■毛が白っぽくなってきた
■飼い主から離れない(分離不安)
■理由もなく吠える、夜鳴きをするようになった
■皮膚や毛のつやが失われてきた

 

体や心におきる老化による変化を見守る

 

散歩

高齢になると筋肉や骨の量が減少してきます。今までより散歩を好まないかもしれません。嫌がるから歩かせないのでは、さらに筋力が衰えてしまうので、怪我や病気でない限り、散歩にでかけましょう。
五感を使う散歩は脳の刺激にもなるので、散歩コースを時々変えることもお勧めです。
寒い季節は出かける前に関節など優しくマッサージしてあげると、温まり動きやすくなるでしょう。

 

食事

心臓や消化器官の機能も低下するので、塩分を控えた、消化の良い噛み易い食事を与えることが必要になります。少量ずつ何度かに分けて与えるのも良いですね。
犬の食欲を刺激するのも大切です。体温と同じ温度に温めたり、においや香りをつける方法もあります。
今までしなかったような拾い食いや、おもちゃを誤飲するなどの行為も出てきます。
散歩ルートや家の中をよく点検して、飲み込んだら危険なものを取り除くことをしてあげましょう。

 

不安

毎日の生活が退屈だと人間同様に犬もぼける事があります。高齢になると子犬の時に教えたしつけを忘れることがありますが、根気よく優しく再度しつけていきましょう。飼い主さんがゆったりした気持ちで接してあげることで、高齢犬の不安も解消されます。
まわりに人がいないと不安になって鳴くことがあります。(分離不安)このような場合は、犬が安心できる場所を作り、リラックスできるようにすると良いですね。飼い主さんのにおいのするタオルや毛布など置くと安心できるでしょう。
聴力や視力が衰えると不安な気持ちになるのは人間も犬も同じです。ケガを防ぐためにも家具の配置を見直したり、フローリングの床が滑りやすく危険ならパネルカーペットを敷くなど工夫しましょう。犬の顔まわりを触ろうとすると、人間の手の動きを恐れ、自分を守る行動として咬むこともあります。
体や心に現れる不安を少しでも和らげてあげられるよう、飼い主さんと共に安心して暮らせる環境を整えてあげることが大事ですね。

 

子犬の時から健康管理

元気で長生きしてもらうためには、やはり子犬の頃からの生活習慣が重要です。規則正しい生活習慣をつけ、お互いが気持ちよく過ごせる環境を整えましょう。散歩にでかけ、一緒に遊び、愛犬が飼い主を信頼して精神面の絆を日々深めましょう。
体のケアは、特に体調が悪くなくても、年に1回は健康診断を受けましょう。
動物病院と定期的にコミュニケーションを取ることにより、獣医師から健康アドバイスなど受けやすくなるでしょう。
自宅でできるケアは、歯磨きの習慣をつけて歯石を予防すると良いです。人間も同じですが、歯の痛みで食欲低下、様々な病気の引き金になることがあります。

人間と異なり、犬の場合は3~5日で歯垢から歯石になることがあります。歯石になると家庭では除去できません。必ず動物病院で除去してもらいましょう。
犬の歯磨きを始めるのは早いほど良いですが、遅すぎるということはありません。スキンシップの一環で、飼い主も愛犬もリラックスできる環境にして、楽しく歯磨きの習慣をつけましょう。
噛んだ経験のある犬や、飼い主が「噛まれるかも」と不安や心配がある場合は、動物病院に相談することから始めてください。

 

こんな症状は赤信号!

■口臭がひどい
■歯が白くなってきた(歯垢がつきはじめた)
■歯が濃黄色になる(歯石の形成)
■歯肉が赤く腫れる
■歯肉からの出血
■歯がぐらつく、欠けたり抜けたりする

 

子犬の頃から楽しく歯磨き習慣をつけていれば、成犬になっても続けやすいでしょう。シニア犬は免疫力が低下しているので、歯垢・歯石を放っておくと歯周病が進行しやすいため、様々なトラブルや内臓疾患の原因にもなります。
犬は非常に我慢強いため、歯周の病気は飼い主に伝わりにくいので毎日のケアで気づいてあげることが重要です。

 

ワンちゃんは何より飼い主さんとのスキンシップが嬉しいでしょう。
体を優しくなでて、普段と変わったことがないか、痛がる箇所は無いか、おできが無いかなど観察しながら、仲良くできるなら一石二鳥ですね!


 

 

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

 

 

獣医師からの健康注意点

犬・猫に危険な食べ物や中毒について《獣医師の健康注意点》

こんにちは。前回までごはんや食事について触れてきましたが、今回は犬や猫には危険や食物や身近にある植物毒についてお話します。手作りごはんを実践するときには知っておかないといけないものから、散歩や室内に飾っている観葉植物まで、代表的なものを挙げてみました。大切な愛犬愛猫が誤って口にしてしまわないように、知っておきましょう!

犬・猫には害になることがあるため、与えてはいけない食物

1. ねぎ類(玉ねぎ・長ねぎ・ニラ・にんにく)・・・有害なアリルプロピルジスルファイドという成分が赤血球を壊し血尿や下痢、嘔吐を起こす恐れがあります。加熱しても毒性は消えません。

2. チョコレート・・・カカオに含まれるテオプロミンが原因で、下痢や嘔吐など中毒を引き起こします。

3. ブドウ・干しブドウ・・・皮に強い毒成分があり腎不全の原因になります。

4. アボカド・・・ペルジンという毒成分が原因で、下痢や嘔吐など中毒を引き起こします。

5. キシリトール・・・低血糖を招き、肝障害の原因になります。

6. 香辛料・・・耐性が低いため肝臓障害を引き起こしかねません。

7. 鶏の骨・・・鋭利に裂けやすいので、胃腸を傷つけます。

8. アルコール・・・体内で分解できないので、少量でもアルコール中毒を引き起こします。

 

犬・猫には注意して与える必要がある食物

1. 生魚・イカ・タコ・・・消化が悪いため、消化不良(下痢・嘔吐)の原因になります。

2. カニ・えびなどの甲殻類・・・ビタミンB1を分解する酵素が含まれるため与えないように。

3. 煮干し、のり・・・マグネシウム過剰で尿路疾患を起こすことがあります。

4. 生の豆・ナッツ類・・・消化が悪いため、消化不良(下痢・嘔吐)の原因になります。

5. 生卵・・・生食はアビジンという酵素が皮膚炎や成長不良を引き起こすことがあります。加熱すれば問題ありません。

6. ほうれん草・・・シュウ酸がカルシウムと結びつき「シュウ酸カルシウム」になり、腎臓や膀胱に溜まると尿石症に繋がります。シュウ酸は水に溶けるので与えるときは茹でてアクをしっかり抜いてください。

7. コーヒー・紅茶・緑茶・・・カフェインが下痢や嘔吐など体調不良を引き起こしたり、多尿になりやすくなります。

 

身近にある植物毒と引き起こされる症状

1. アマリリス(胃腸炎)

2. イヌサフラン(呼吸低下、ショック死)

3. キキョウ(胃腸炎)

4. キョウチクトウ(運動障害、ショック死)

5. ジャガイモの芽(腹痛、低血圧)

6. ジンチョウゲ(昏睡、ショック死)

7. スイセン(痙攣、低血圧氏)

8. スズラン(衰弱、錯乱)

9. アイビー(痙攣、呼吸困難)

10. ソテツの種子(急性肝毒、凝固障害)

11. ツタ(胃腸炎)

12. ヒガンバナ(神経麻痺、ショック死)

13. ポインセチア(下痢、嘔吐、皮膚炎)

14. ユリ(腎不全)

 

あとは、中毒としてよく見られるものにヒキガエルによるものがあります。ヒキガエルは耳下腺(耳の鼓膜の盛り上がっているところ)から強力な毒素を分泌します。この部分を舐めたりくわえたりすると、毒素は口の粘膜から吸収されます。この毒素は心臓に異常をきたし、ひどい場合は2~3時間以内で死亡することがあります。犬や猫がヒキガエルと遊んでいるのを見つけたら、すぐに引き離し口の中をよく水で洗い、すぐ動物病院へ連れて行ってください。梅雨時期に多く見かけるヒキガエルですが、冬眠に入るまでは油断せずに気をつけてあげてください。

 

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ページの先頭へ