「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

獣医師からの健康注意点

ペットの車酔いを防ぐ環境づくりを!《獣医師からの健康注意点》

年末年始に車でペットとドライブ、旅行、帰省される方も多いでしょう。
ペットが車酔いにならないように、車好きになってもらうように、環境づくりをしてあげてください。

安全快適にお出かけしよう!

一緒だと楽しいよね♪ 安全快適にお出かけしよう!

 

 

「食事は乗車30分~1時間前に済ませましょう」
大人も子供達も同様ですが、お腹いっぱいで車の後部座席に座ると、揺れにより気分が悪くなります。
出発前に余裕をもって食事を済ませ、SAやお店で休憩する時は食事後30分ほど経ってからドライブに戻りましょう。車中でのおやつも楽しみのひとつですが、ペットが同乗している時は我慢して!ニオイに敏感なので飲食は控えましょう。吐いてしまってもペットを叱らないで!消毒用アルコールなど準備しましょう。
ただし、車の中は乾燥し、ペットも緊張状態が続いて喉が渇くので、水分は適度に与えましょう。

 

「最初は5~10分のドライブから」
少しずつ距離を伸ばして車に慣れさせましょう。長距離ドライブの場合は、多めに1~2時間に1度は休憩をとり、新鮮な空気に触れることで、ペットも運転手も皆気分よく過ごせますね!目的地に着いたらおやつを与えたり、散歩をさせたりと、犬にとっての「楽しいこと」を用意しておくと「車に乗る=いいことがある」と思うようになります!

 

「普段使いのおもちゃ、食器など必需品」
旅行だからと新しいものを用意すると、混乱させてしまう場合があるので注意!
普段使っているタオルケットや毛布、いつも遊んでいるおもちゃなどを傍に置くなど、犬にとって「安心が出来る場所」を確保してあげましょう。食器やフードも普段のものを旅行日数分準備して出かけてくださいね。

 

「車中のニオイに気をつけて」
ニオイに敏感なので、車の中の排気ガスのニオイ、食べ物のニオイ、芳香剤の匂いなどで車酔いをしてしまう場合もあります。車の中は芳香剤などを置かず、車の中のニオイに気を配りましょう。

 

「走行中はケージやキャリーバッグが指定席」
揺れや振動の影響を受けにくくする為に、車に乗っている間はキャリーバッグやクレートに入るように訓練しておくことも必要です。万が一の事故の時も、クレートやキャリーバッグが犬を守ってくれます。

 

「停車したらまず車内でリードを」
急にペットが飛び出してしまう場合がありますので、車のドアを開ける前に必ずリードをつけておきましょう。ペットを車内に置き去りにすると、夏場は熱中症、冬場でも脱水症になる危険がありますので避けましょう。車内で待たせる場合は必ず誰かが付き添ってあげましょうね。

 

「万が一に備えて」
はぐれた時にすぐ連絡してもらえるよう、迷子札に携帯電話の番号を書いておきましょう。急な体調変化を相談できるよう、かかりつけの病院の連絡先を控えておきましょう。目的地や通過地点の24時間診察OKまたは休日対応のどうぶつ病院なども調べておくとより安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

獣医師からの健康注意点

犬の風邪~ケンネルコフに注意~《獣医師からの健康注意点》

ペットの資格愛玩動物救命士獣医師からの健康注意点

乾燥注意!部屋の湿度管理してね

乾燥注意!部屋の湿度管理してね

ワンちゃんが急に激しく咳をしたら要注意!

冷たく乾いた外気を吸い込むことで咳がでます。
免疫力が下がっているとケンネルコフや肺炎を併発し、発熱、鼻水、目やに、くしゃみなど風邪のような症状も表れます。

ケンネルコフはワクチンで予防できますので必ず接種してください。
ワクチン接種が済んでいない子犬や接種後間もない場合は複数の犬が集まる場所に行かないようにしましょう。
風邪の呼吸器疾患は加湿器をつけることで改善されますので、掃除をきちんと行い、部屋の換気もしてください。
高齢の場合は心臓疾患が原因での咳をすることがありますので、その見極めも必要になります。
早めに診察受けましょう!

咳をしているからといってただの「ケンネルコフ」だと思っていても、実はフィラリア症や心臓病、ほかの呼吸器系の病気にかかっている可能性もあります。

「元気や食欲もあるし、軽い咳をしているだけだから」といって簡単にケンネルコフだと自己診断は禁物。
咳が出ている原因を動物病院でしっかりと診断してもらうことがとても重要です。

ワクチンを接種しても、特に空気の乾燥する冬は寒冷による体力の低下でウィルスや細菌に感染しやすい状態になるため、ケンネルコフの発症も多くなります。

寒さを元気に乗り切るためには、適度な運動や遊びの後にゆっくり休むことも必要ですね。
かかりつけの動物病院がお休みになる年末年始は、緊急対応病院をチェックしておきましょう。
チワワ

 

 

年末年始をペットと楽しくお過ごしください!

 

【ペットと初詣】

▼全国でも珍しい“ペットの七五三”“ペットの成人式”まで行える神社

「市谷亀岡八幡宮」

東京都新宿区市谷八幡町15

ペットのお守りは地方発送もしているそうです。

http://www.ichigayahachiman.or.jp/pet/pet_omamori.html

最近では、初詣にペット同伴OKの神社が増えました。大好きなペットと一緒にお出かけは楽しい!

でもちょっと待って!人出の多い場所に連れていくと、普段と違う雰囲気に興奮して、いつもはおとなしいワンちゃんが吠えてしまったり、

屋台のいい匂いにつられて飼い主さんとはぐれてしまったり、落ちている食べ物の串や割り箸を誤飲したり。。。

家族みんなで新年のお参りをしたい気持ちは大賛成ですが、動物にとって危険がたくさんということを忘れずに。

ペット同伴で外出する際は、思いもよらない事故やケガから大切なペットを守るため、混んでいる日や時間帯を避けましょう。

 

【都内で気軽にお食事】

▼ワンちゃん同伴OKな焼肉屋さん

「BISTRO うしすけ」

東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ1F

TEL:03-3599-3520

営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)

年牛無休

ワンちゃんメニューは全て自家製、無添加!

上質な赤身肉とワインを堪能、カップルはもちろん、女性同士でも気軽に入れるカジュアル感覚の焼肉店

http://www.ushisuke.com/shop/index.html

 

 

【箱根で温泉】

▼ワンちゃん以外のペットもOK

「ペットと泊まれる箱根の宿 クリンゲルバウム」

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根湖尻160-114

TEL:0460-84-7999

猫、ハムスター、ウサギ、フェレット、鳥など大切な家族と一緒に泊まれます!

http://www.comforts.co.jp/

 

 

【ワンちゃんフィットネス】

▼愛犬の年齢・体力・健康具合に合わせて【プール】【バランスボール】【アロママッサージ】などから最適な運動プログラムを提案

「スポーツクラブNAS若葉台」

東京都稲城市若葉台2-1-1 フレスポ若葉台EAST3F

スポーツクラブNAS若葉台内

TEL:042-350-5401

※12/30~1/3は休館日です。

http://www.wanwan-fitness.com/

 

 

【お散歩に変化を】

▼特別な場所に出かけるだけが楽しみではありません。

気温や天候で散歩コースを変えても良いでしょう。

いつもと違う道を通ると刺激になるので、時間が短くても満足すると思います。

 

冬の夕暮れは早く暗くなるので、飼い主さんもワンちゃんもなるべく目立つ服装にしましょう。寒いと自転車は前だけを見てスピードを出していることが多く、小さなワンちゃんに気付かず事故に遭うこともあります。キラキラ光るリードや首輪も活用してみてはいかがでしょうか。

 

帰宅したら、タオルなどでしっかり全身を拭いてあげましょう。雪や雨の日でなくても、冷たい北風や埃で被毛は汚れています。

肉球は汚れを拭き取りましょう。石鹸などを使うと、洗い過ぎて皮膚が荒れることもあります。また、洗った後のすすぎや乾燥が十分でないと、湿疹になったりするので、乾いた布で水分をふき取り、たっぷり保湿クリームでケアしてくだいね。

ねそべるわんこ
★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

毛球症について《獣医師からの健康注意点》

こんにちは。今日は毛球症のお話。

犬も猫も季節の変わり目に換毛をします。
特にネコちゃんですが、日々被毛を舐めて毛つくろいをしています。その舐めとった毛をすべて飲み込んでしまって起きる病気が毛球症。

普通は、うんちとして排せつされるか、毛の塊を吐き出すことで体外へと排出します。ただ、その貯まっていく過程で、食欲が無くなったり嘔吐をしたりしますが、出てこないことが続くこともあります。

そんな時には「ヘアボールコントロール」とか「毛球にも配慮」などと書かれたフードを与えてください。それでも治らない時は動物病院を受診しましょう。内服薬を出します。

動物病院では「病気だ!」と隅から隅まで検査をした後、特に異常もなく、「なんでだろう...」と思うことがあります。後日、1回ドバッと吐いてケロッとなり、「あっ、毛球だったのね」ということも多くあります。しかし、「毛球症だろ」と考えていると実は怖い病気が隠れているかもしれませんので注意は必要です。

獣医師ワンポイント

大切なペットの体の仕組みを学び、病気を予防、もしもの緊急時や災害時に冷静に対処する知識を修得する「愛玩動物救命士」は、2003年開講以来、飼い主さんはもちろん、ペット関連事業者や動物専門学校の先生方からも信頼が厚い資格です。
講座の資料請求はこちら

メルマガ

★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

 

月別アーカイブ


ページの先頭へ