「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

獣医師からの健康注意点

犬や猫のアレルギー・花粉症が急増中

愛玩動物救命士 <獣医師によるペットの健康注意点> 

ペットにも急増中!秋の花粉症

近年では春に加え、秋に犬や猫などのペットの花粉症が急増しています。
原因となる花粉は、背の低い草花(ブタクサ、ヨモギなど)です。
公園や広場、川原などいたるところで見かけますね。
よりそう猫と犬

 

 

 

 

 

 

<風邪と間違えやすい?!>
夏の疲れが出やすい秋は、鼻水やくしゃみが出て、なんだか体がだるいと風邪かなと思いますが、風邪薬を飲む前にアレルギー検査をしましょう。
花粉症は風邪薬では治りません。今まで一度も花粉症やアレルギー症状になった事が無い人もペットも、体の免疫力が低下している秋は要注意です!

 

<症状>
犬や猫は人とは違い、肌から花粉やアレルギーの元となる物質を吸収します。目・鼻の症状に加え、皮膚に疾患が出る例が多いです。赤く発疹が出てかゆみがあり、かき過ぎて毛が抜けたりします。いつもと体調が違う、元気が無いなと感じたら、他の病気が隠れている場合もあるので、まずは動物病院で診察、アレルギー検査をしてもらいましょう。ペットのアレルギー検査は高額な事もあるので、検査内容を獣医師と充分に相談して納得してから行いましょう。

 

<予防策は?>
家の中に花粉や埃を持ち込まないことが、症状を悪化させない一番の対策です。花粉は空気より重いので床にたまります。ペットは人間より床に近い所に鼻があり、床に落ちた花粉を吸い込みやすいので、こまめに掃除することが大切です。飼い主さんは、髪の毛に花粉がつかないように帽子を被ったり、散歩から帰宅したら玄関に入る前に、飼い主さんもペットも上着を脱ぐのが理想的です。

 

●犬の場合
マスクではなく洋服。
花粉を落としやすいよう耐久撥水性のある生地で作られた服や、花粉がつきにくいよう静電気をなるべく抑えられる素材で作られた服など、最近は様々な花粉症予防服があるようです。

 

●猫の場合
目をショボつかせたりする事が多いようです。加湿機能付きの空気清浄機の使用がおすすめです。

 

●人の場合
症状のある人はマスクは必須!鼻から吸い込んだ花粉が喉に貼りつき、そのため喉がイガイガして咳が止まらなくなる事も。うがい、手洗いなど地道な事も大変有効です。洗濯物や干した布団は、必ず花粉や埃を落としてから家の中に入れましょう。
刺激物(唐辛子、キムチなど)やアルコールは症状を悪化させる場合もあります。残念ですが、花粉の時期は少しガマン!!

 

 

メルマガ獣医師からの健康管理注意点、講座・セミナーの最新情報など飼い主様に役立つ情報配信中
メルマガのサンプルはこちら(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

「愛玩動物救命士資格取得者在勤施設証明書」&認定証に新デザイン登場

愛玩動物救命士は、緊急時や災害時にペットの状況を冷静に判断し、医療機関等へといざなうために設けられた、通信教育で取得できるペットの資格です。
全国のペットカフェ、飲食店、ドッグラン、ドッグトレーナースクールやペット同伴宿泊施設、ペット可マンションで愛玩動物救命士取得者が増えています。

愛玩動物救命士資格取得者の所属する企業、団体等は、「愛玩動物救命士資格取得者在勤施設証明書」を掲示することができます。お客様の安心と安全をお約束する証明書としてご利用ください。「リピーターの獲得に役立っています」と、多くの施設から喜びの声が寄せられています。
お申込はこちら「SAEペットの資格」
(サイト掲載有効期限入り)資格取得者在勤施設証明書

 

【NEWS!】
愛玩動物救命を含むSAE認定の資格認定証に新デザインが登場!
プラスチック製&印刷保護加工により、破損・劣化に強く携帯に最適!
取得した資格はペットを守るための自信・責任の証。いつまでも色褪せない形で持ち続けませんか?

詳細・お申込はこちら(SAEペットの資格サイトへ移動します)
3e56548a398b435096d0877099fd3e51-978x1024

 

 

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

《講座で学んだおかげで救える命が増える!と確信した》合格者の声

愛玩動物救命士 合格者の声

森 由加梨様(平成27年9月10日合格)

先日、ペット災害危機管理士®4級を受講しました。
将来、保護犬カフェをする際、この愛玩動物救命士の資格も有効と思います。飼っている3ワンコの為にもすごく役に立つと思いました。
止血の方法、気道確保の仕方など、すごくためになりました!何かが起こった時、この講座で学んだおかげで救える命が増える!って確信しました。

(森様、将来の活動に是非お役立てください!)
愛玩動物救命士 合格者の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガのサンプルはこちら(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

 

 

【好評につき追加】第5回 獣医師から学ぶシニア犬のための1Dayマッサージ

【好評につき追加開催決定】

愛犬同伴OK!心と身体のメンテナンスに最適なマッサージを学ぶ!
犬の平均寿命は15歳。獣医療の進歩や食の品質向上で犬も高齢化し長生きする時代。
さて、犬は何歳からシニアと呼ばれるのでしょうか?? 実は、7歳ごろからシニア期に入ります。
つまり、その子の一生のうち半分以上をシニア期で過ごすことになります。犬も高齢になるにつれ、身体の動きが悪くなったり、病気にかかりやすくなります。
加齢も老化も止めることは出来ませんが、環境を変えてあげることやケアの仕方で老化の速度を遅くできます。より快適にシニア期を過ごすために、飼い主さんができることはなんでしょうか??
この講座で、現役の女性獣医師がシニア犬の日々のケアに最適なマッサージ方法と生活環境上の工夫について丁寧に解説します。

チワワ
シニア期に至るまでずっといっしょに暮らしてきた家族だから、
年をとっても快適な毎日を過ごせるよう支えてあげたい。

現役の女性獣医師がモデル犬で実演しながら丁寧に解説します!

セミナー詳細・お申込みはSAEペットの資格サイトをご覧ください。

アロマを利用したドッグマッサージ 1Dayセミナー開催

愛犬同伴OK!天然素材で安心安全なグルーミンググッズを手作り!
犬のアロマセラピーは、単なる「癒し」に留まらず、目的・お悩み・好みに応じて香り(精油)を使い分けることで、愛犬の健康管理・促進に役立てられます。
このセミナーで、犬の「ホリスティックケア」「アロマセラピー」の基礎を学べば、お悩みに合わせて活用・応用は無限大!

今回は乾燥が気になり始める季節に向けて「カモミール」にクローズアップ!
ただし、カモミールが得意なのは乾燥対策だけじゃない!守備範囲の広いカモミールで、起こりがちなトラブルをほぼケアできます!

愛犬との生活で『何かできることがあったのは』と後悔しない為にも、自宅で日常的にできる「ホームケア術」を身に付けて、愛するペットにいつまでも生き生きと過ごしてもらいましょう!

かゆい
被毛が臭ったり、お腹を壊したり・・・日常のちょっとした不調に対して、作用が穏やかで身体に負担の無い天然素材で出来る対策があります!
詳細・お申込みはSAEペットの資格サイトをご覧下さい。

獣医師からの健康注意点

気象病 人もペットも「適応力」をつけよう

愛玩動物救命士<獣医師による健康注意点>

気象病とは、近年認知されつつある病名で、気象の変化に敏感に反応する症状と考えられる病気です。雨が降る前に頭痛が起こる、雨の日は必ず下痢をする、といった場合は、気圧の高低差が影響していると言われています。その他にも、めまい症,うつ病、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、じんましんが悪化する事もあります。自律神経系のバランスが乱れ、それがストレス刺激となってさまざまな疾患を引き起こすのでしょう。

予防法は、簡単なようで難しい「十分な睡眠」や「正しい食生活」です。毎日は無理でも、起床・就寝時間を一定にする、なるべく決まった時間に3食たべる、シャワーだけでなく湯につかる、など日常の規則正しい生活を地道に続けて「適応力」をつけ、気象病になりずらい体質にしていく事が大事ですね。
人間も動物も、毎日食べる食事で体や細胞が作られています。

愛犬や愛猫は、自然の力を人間以上に過敏に感じます。特に夏から秋は、1日の中でも気温差が激しく、また台風による大雨・強風の影響によりとてもストレスを感じている事でしょう。食欲が無い時は、ドライフードを一粒ずつ噛み砕いてからあげたり、湯でふやかしたり、食べやすい工夫をしましょう。雷や大雨の音を嫌がるペットは、手の平で優しく撫でてあげるだけでも安心を与えます。豊かな四季に恵まれた日本、時には自然現象が猛威をふるいますが、暑さ寒さが厳しい季節にも「適応力」をつけて上手に体調管理をしていきたいですね。
SAEメルマガ登録
★健康注意点など飼い主様への情報を配信中★
メルマガのサンプルはこちら(アドレスだけで登録できるので是非お気軽に!)
愛玩動物救命士

 

 

セミナー開催お知らせ&報告

動物の救急救命実技セミナー開催しました

2015年9月6日開催レポート<獣医師から学ぶ動物の救急救命実技セミナー>
同伴犬は全部で4頭、み~んなダックスちゃん!ダックスDAY!

今回の講師は芝田獣医師。
柔らかい雰囲気と分かりやすい講義で、参加者もすぐに打ち解けて色々質問を投げかけていました。
動物の救急救命実技セミナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講義では、緊急時の動物の救急救命法を獣医師に引き継ぐまでの知識として学びます。
●緊急時に対する準備
●慌てがちな時こそ必要とされる心構え
●冷静になる方法
●過去の災害からこれからの防災に活かすこと
など丁寧に説明します。

また、緊急時と言うと災害発生や交通事故などを思い浮かべてしまいがちですが、日常のちょっとした不注意で一気に危険な状態を招いてしまうことも!浴槽に落ちた、コンセントをかじった、ボタンを飲んだ・・・、防げるはずの日常で起こりやすい事故と対処法も説明します。

動物の救急救命実技セミナー

動物の救急救命実技セミナー
今回初登場のモデル犬ペキニーズ ペキ’sカルテット!

★宇宙(そら)くん
★海(かい)くん
★空(くう)ちゃん
★光る(ひかる)ちゃん

ダックス4頭にプラスして合計8頭で実技を進行!
皆さんに聴診器を配って、心音確認!聴診器は逆に着けちゃうと聞こえません。よくドラマの俳優さんは逆に着けてるそうです・・・!?
少し蒸し暑かったので短頭のペキ’sは呼吸が速く、とっても早めの心音を聞かせてくれました!

CIMG7761-150x150

 

 

 

 

 

動物の救急救命実技セミナー

心臓マッサージの体験

 

 

 

 

 

 

 

<受講生の声>

●モデル犬で実際に脈拍をとったり、心臓の音を聞けたりして良かったです。
●家に帰って自分の愛犬を確認したいと思います。
●元気なときの正常値を知っておくことは必要だと思いました。
●実技がとても分かりやすくて良かった。色々学べることが出来て、今後に役立てたいです!!
●短い時間でしたが、実際のワンちゃんの心音聞けたり脈を測れて良かったです。(なかなか出来ない経験でしたので)いざという時に役立てたいと思います。

「獣医師から学ぶ動物の救急救命実技セミナー」次回11月29日(日)すでに予約が埋まりつつあります。
詳細・お申込はこちら

 

 

SAEメルマガ登録

クリックして、SAEメルマガ登録!
★獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

 

協会からのお知らせ

SAE認定「ペット災害危機管理士」商標登録を取得&箱根町後援が認可!

SAEは、教育という観点から人と動物の真の共生社会づくりに貢献していくため、ペットの命と健康を守る正しい知識を提供する通信/通学講座・セミナーを展開しています。

平成27年2月に、SAEは飼い主の危機意識の啓発のため「ペット災害危機管理士」資格を発足しました。
地震・火災など有事の際、ペットと飼い主を避難誘導・救援等するため、飼い主の統率を取るスペシャリストの育成事業として4級から1級まで、「準備」「避難」「責任」「指導」の4段階に分けた実践力のある認定資格です。

この度、その資格において、下記2件の取得・認可されました!

1.「ペット災害危機管理士」商標登録を取得しました

webclap02-001

資格の名称において、平成27年8月7日に商標登録を取得しました。

figure_ta-da<商標概要>
■商 標 ペット災害危機管理士
■登録番号 第5784901号
■区 分 第41分類 資格の認定及び資格の付与

 

2.神奈川県箱根町の後援名義使用が認可されました

webclap02-001

figure_happy観光地として名高い神奈川県箱根町より、行政として観光客をはじめ地域住民の安全を守るため、防災対策の向上に資するとして、当該資格の育成・認定事業に賛同頂き、後援が承認されました。 実地研修の開催地の一つとして、公共施設の開放など支援頂きます。

 

ペット災害危機管理士 今後の開講スケジュール

 

災害が多発する日本列島において、SAEでは当該有資格者が増えることにより、飼い主への安心安全サポートを強力に且つ効果的に行うことのできる環境とコミュニティー創りを推進していきます。

 

メルマガ
★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルをご覧ください!(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ページの先頭へ