「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

【合格者の声】愛玩動物救命士~学んだ知識でペットを救えるかもしれない~

Y.N様(女性/30代/自営業)平成29年10月5日合格

 

1.本講座を受講しようと思ったきっかけ

少し前に、家に帰ると愛犬が倒れている事態に遭遇しました。なにか誤飲したようだとは辛うじて分かったのですが、無我夢中で動物病院に連れていくことしか頭に浮かびませんでした。幸いその後の治療で回復してくれましたが、なぜそんなことが起きたのか、もっと適切な対処法があったのではなかった、獣医の先生に自分はきちんと説明できていたのだろうか、と日が経ってから後悔を感じていました。そしてSNSでこの講座を知り、受講することを決めました。

 

2.通信講座を受講してご自身が気付いたこと・変わったこと

誤飲の事態が起こる前までは、安穏と緊急事態が起こること自体を考えてもいませんでした。
でも、日常環境下にも危険や事故を引き起こすものはたくさんあることを学び、その予防対策や対処を学ぶことができました。
そして大切なのは、なにかあったとき冷静に対処をすることで、少しでも早く、少しでも良い状態で動物病院へ搬送できれば、重症化を防いだりいのちを救えるかもしれません。あの日の自分を思うと、本当に大切なことだと感じました。目の前のペットの状況を適切に獣医の先生に伝えることができれば、より的確な治療をしてもらえます。
この講座で症状や怪我の種類を学んだことで、獣医の先生ともっと適切なコミュニケーションが取れると思います。たとえば、これまでは単に「吐いた」としか伝えられなかったことが、「嘔吐」なのか「吐き出し」なのか、吐いたものの状態など、より細かい表現で獣医の先生に伝えることができると思います。

 

3.学んだ内容を今後どのように活かしていきたいですか

病気のことや予防接種のことなどについても、自分が知っていたことは本当に初歩のことだったことに気付き、知らないでいることは怖いことだと思いました。学んだ知識でペットを救えるかもしれない。何も起きないに越したことはないですが、救急救命や対処について学んだことで、以前よりも愛犬をさらに大切に大事に感じるようになりました。健康で事故なく、これからも過ごしていけるように守っていってあげたいと思っています。

 

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ページの先頭へ