「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

ペットとの避難について備えよう《獣医師からの健康注意点》

阪神淡路大震災から今年で23年目になります。過去の災害を尊い教訓にし、これからも起こるであろう災害への準備や心構え、避難を予想した訓練の大切さをいま一度考えましょう。
動物愛護法が改正されてから、各自治体では災害時のペット同行避難の受け入れ体制について対策と整備が進められていると思いますが、ご自分の地域はどうなっているのか、最寄りの避難所はどこかなど、確認してありますか。今回は、ペットとの避難について備えるためのお話です。

 

避難場所を確認する

散歩の途中に近所の避難場所を見ておきましょう。そこまでの道のりで、いくつか避難経路を想定し散歩コースに取り入れるのも、普段からできる避難訓練になります。。
そして、ペット同伴可能な避難所がどこにあるか、保健所や動物病院に聞いて把握しておきましょう。

 

普段からの備え

人やほかの動物と避難生活を過ごす上で、必要な準備をしておきましょう。
・予防接種やワクチン
・吠えない、噛まないしつけ、トイレトレーニングは必須です。
・ケージに入る練習もしておきましょう。ケージの中に、飼い主さんのにおいのするハンカチやタオル、大好きなおもちゃなどを入れて、ストレスを感じずに楽しい場所だと思ってもらえるようにしておいてあげることは、ペットのためにもなります。
・口輪にも慣れさせておくことも勧めています。
・避難所では、普段食べ慣れないフードの配給があるかもしれません。いつものフードや水を最低3~5日分、常備薬の準備もしておきましょう。
・首輪などに、飼い主さんや家族と一緒にペットが写っている写真を付けておくと、もしペットとはぐれてしまっても手がかりになり、巡り会える可能性が高くなります。

 

あわてず冷静になる

災害発生時は、ペットもパニック状態になることが考えられます。普段とてもおとなしいペットも飼い主さんや家族を噛むこともあることを覚えておきましょう。
まず飼い主さんが身の安全を確保して、冷静に落ち着いてください。そのためには、まずは深呼吸しましょう。
家を離れる際は、リードをつけたり、キャリーバックに入れるなどして必ず連れて行くこと。ペットを放して家を出てしまうと、ペット自身が怪我したり迷子になる恐れはもちろん、人を襲うことも考えられます。

 

災害の後遺症

キョロキョロして落ち着きがなく、飼い主さんから離れなくなる場合もあります。大きな声で命令したり、叱ったりせず、安心させてあげるために、昼夜を問わず抱きしめるようにしましょう。
余震などが起きても、飼い主さんが動揺しない、落ち着いて行動することを忘れずに心がけましょう。特にお子さんが叫んだり騒いだりすると、ペットは興奮し動揺します。

 

最近では、自治体が行う同行避難訓練も増えてきています。時間が作れるのであれば、ぜひ避難訓練や防災イベントに参加してみてください。

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

 

ページの先頭へ