「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

獣医師からの健康注意点

夏の風物詩「花火」の大きな音にご注意《獣医師からの健康注意点》

犬の聴覚は、嗅覚に次いで鋭く、その感度は人間の約6倍といわれています。物体が落下する音などは、犬は人間の限界の400倍の距離でも聞き取れるといわれています。

犬はどの方向で音がしたかを聞き分ける能力も抜群で、人間が16方向しか判別できないのに対して、犬は32方向です。それは、耳を動かす筋肉が大変発達していて、前後左右に向きを変えられるからで、もちろん立ち耳のほうが、垂れ耳よりも感度はすぐれています。そのため眠っていた犬が、家の人の帰ってくる遠い足音をいち早く聞きつけて玄関へとんでいくことができるのです。

夏の風物詩「花火」はとても楽しみなイベントですが、大きな音に驚くワンちゃんも多いので気を付けましょう。驚いて、パニックになったり、お腹を壊す子も居ます。中には、家を飛び出し、道路を逃げ回って、大怪我をしたワンちゃんも近所には居ます。ご注意を!
img_0

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

【合格者の声】愛玩動物救命士~学ぶという自信~

水落 様(平成29年4月27日合格)

1.本講座を受講しようと思ったきっかけ

愛犬がヘルニアになったり、異物を飲んだりした時にどうしていいか分からずにオロオロしてしまいました。
それ以来、いざという時に落ち着いて対処出来るようになりたいと思い受講しました。

2.通信講座を受講してご自身が気付いたこと

今までは、体のこと、病気のことを何も知らずに全てお医者様任せにしていました。
講座で飼育の基礎や対処法を学ぶ事によって、もっと自信をもって愛犬と暮らせるようになると思います。

3.受講した内容を今後どのように活かしていきたいか

日頃の健康管理やキャンプに行ったときなど、様々な場面で活かしていきます。

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

夏の体調不良に注意!《獣医師からの健康注意点》

こんにちは。

梅雨の時期になり、もうすぐ夏真っ盛り。この時期は湿度が多くなってきて、ジメジメし体も重く、だるくなります。飼い主さんも動物たちも疲れ易い時期ですね。

こんな時期は睡眠を十分に摂って、美味しいものを食べて元気になりましょう。

この時期、お腹を壊すワンちゃんが多く来院します。雷で怯えてストレスで下痢になった子や音や振動に吠えて吐いてしまう子、腐敗した餌や落ちているものを食べて下痢になった子など原因は様々です。

お散歩に出ると、道にはいろんなものが落ちていて、飼い主さんも傘で見えにくくなっていたりして、よく観察していないと大変なことになる危険があります。

乾燥のドライフードも変敗することがあるので、湿度の少ない涼しい場所に保管したり、冷蔵庫で保管したりすることも必要でしょう。

頻回の嘔吐をするとか、何度も便をして、便がとても柔らかいなどの症状が見られたら、早めに動物病院を受診しましょう。

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★

メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

夏期休業のお知らせ

向暑の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
また、平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申しあげます。

本会では誠に勝手ながら、夏期の休業を以下の日程で実施させていただきます。
大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


8月10日(木)まで       通常営業
8月11日(金)~8月16日(水) 休  業
8月17日(木)~        通常営業

8月17日(木)より通常営業いたします。
上記の休業期間は、電話およびEメールでのお問い合わせにお答えできません。
休業中のお問い合せにつきましては、通常営業日に受付順に対応させていただきます。
尚、上記休業期間中も、各種講座・セミナーのオンライン申込は通常通りご利用可能です。

休業前に通信講座教材をご希望の場合は、8月4日(金)までに
受講料のご入金お手続きをお願いいたします。
※アニマルアロマアドバイザー/犬の東洋医学生活管理士は7月28日(金)まで※
8月4日(金)以降のご入金の場合は、教材お届けが8月18日(金)以降になる場合がございます。
予めご了承下さい。

よろしくお願い申し上げます。

おじぎ

メルマガ

★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ペット災害危機管理士®認定講座のご案内

SAEは、教育という観点から人と動物の真の共生社会づくりに貢献していくため、愛玩動物救命士資格講座をはじめとする、ペットの命と健康を守る正しい知識を提供する通信/通学講座・セミナーを展開しています。

 

平成27年2月に、SAEは飼い主の危機意識の啓発のため「ペット災害危機管理士®」資格を発足しました。地震・火災など有事の際、ペットと飼い主を避難誘導・救援等するため、飼い主の統率を取るスペシャリストの育成事業として4級から1級まで、「準備」「避難」「責任」「指導」の4段階に分けた実践力のある認定資格です。

当講座は、

神奈川県箱根町
一般社団法人 気仙沼観光コンベンション協会
リアス・アーク美術館

の後援名義の使用が承認されており、2級・1級の実地研修先として協力を頂き、全国に先駆け自治体と取り組む講座となります。

 

▼ペット災害危機管理士® 今後の開講スケジュール▼
※SAEペットの資格サイトが開きます

【1級】(通学講座のみ、場所:気仙沼市)
10月21日(土)-22日(日)詳細・お申込はコチラ

 

【2級】(通学講座のみ、場所:箱根町)
9月30日(土)詳細・お申込はコチラ

 

【3級】
(通信講座)詳細・お申込はコチラ ☆4級+3級のお得なセット申込あります!
(通学講座、場所:東京銀座)
8月6日(日)午後 詳細・お申込はコチラ  ★4級講座と一緒にお申込頂けます!

 

【4級】
(通信講座)詳細・お申込はコチラ ☆4級+3級のお得なセット申込あります!
(通学講座、場所:東京銀座)
8月6日(日)午前  詳細・お申込はコチラ  ★3級講座と一緒にお申込頂けます!

 

災害が多発する日本列島において、SAEでは当該有資格者が増えることにより、飼い主への安心安全サポートを強力に且つ効果的に行うことのできる環境とコミュニティー創りを推進していきます。

「ペット災害危機管理士」は、一般社団法人 全日本動物専門教育協会の登録商標です。(登録商標第5784901号)

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

起こりやすい病気について(チワワ編)《獣医師からの健康注意点》

今回はチワワの病気の話。

 

1つ目は、膝蓋骨脱臼。
ヒザを痛めてしまい、スキップのような歩き方や3本脚で歩きます。
家の床をカーペットに変更したり、昇降やジャンプなど後ろ脚に負担のかかる行動をさせないようにしたり、肥満改善が重要となります。

 

2つ目は、水頭症。先天的に脳内の奇形が原因です。
脳の圧力が上がって、症状は活動低下、行動異常、不全麻痺、斜視などが見られます。

 

3つ目は僧帽弁閉鎖不全症。
高齢になった小型犬に多く見られる心臓病で僧帽弁の変形により、心臓内で血液が一部逆流する病気で、発症時はその逆流音として心内雑音がします。

進行すると、咳やゼーゼーと苦しい息づかいをし、肺水腫を伴う呼吸困難を呈し、不整脈などにより突然死する場合もあります。 苦しそうな場合は気管虚脱も考えられます。

 

4つ目は角膜炎。
チワワは目が大きく突出しているため、外傷による角膜炎を起こしやすいです。
まぶしがる、涙や目やにが多い、目の充血あるいは混濁といった症状に日頃から注意しましょう。


メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★

メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ページの先頭へ