「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

獣医師からの健康注意点

誤食に注意!《獣医師からの健康注意点》

こんにちは。梅雨が続いてジメジメしますね。

以前、青梅を食べたミニチュア・ダックスさんが来院しました。
朝、飼い主さんがお庭の掃除をしていた時に、一緒にいたわんちゃんが落ちていた青梅を食べてしまったとのことです。
青梅には、アミグダリンという青酸の成分が含まれ、中毒の症状としては嘔吐や下痢を示します。
1個食べたからといって、すぐに中毒症状になるわけではありませんが、食べないほうが良いでしょう。食べた実は1cmくらい丸々1個食べたと飼い主さんは言っていました。

食べてから2時間は経過していましたが、吐き出させることにしました。
なかなか吐き出さなかったのですがようやく吐き出したものは、実が直径3cm以上あり、 種が1cm以上ありました。予想以上に大きかったです。

 

この大きさですと、梅の種が小腸に引っ掛かり、腸閉塞を起こしていたかもしれません。
とても危険でしたが、まだ胃の中にあって吐き出すことができたので大事には至りませんでした。
梅や桃、アンズ、プラムなどの種は危険ですので、くれぐれも注意しましょう。

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★

メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

【合格者の声】愛玩動物救命士~命を預かるものとして学ぶ~

スリンキー 様(平成29年5月18日合格)

1.本講座を受講しようと思ったきっかけ

 

昨年、16年間共に過ごした愛犬を急性膵炎で亡くしました。
辛そうにしている愛犬を獣医さん任せで、ただ見守るしかできない自分へのもどかしさと悔しさ、
そして、もっと犬の体や病気についての知識があったら、愛犬は助かったのかもしれない、苦しみが少なかったかもしれない。
そう思うと、大きな後悔と愛犬への申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
亡くなった愛犬はもう戻ってこないけれど、今後何か1つでも犬や猫の役に立つことが出来れば、 愛犬への感謝や恩返しにもなるかなと思い受講に至りました。

 

2.通信講座を受講してご自身が気付いたこと

 

いかに自分が知識不足の状態で動物に接していたかを痛感しました。
ペットは、私達飼い主だけが頼りであり、飼い主次第でその一生が大きく左右されること。
そして、私達飼い主は、命を預かるものとして、きちんと動物の体や健康・個々の特性について学んだうえで、ペットを迎え入れるべきだと思いました。

 

3.受講した内容を今後どのように活かしていきたいか

 

もっと知識を深めて、いつか何らかのかたちで、動物愛護のボランティア等に携わることができたらと考えています。

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

★新規講座★【犬の管理栄養士通信認定講座】が加わりました!!

SAE講座受講生・合格者様の声から新規講座が誕生しました!

\毎日食べている食事について詳しくなる!/
●獣医師監修 犬の管理栄養士通信講座●

体を構成している栄養を補給する食事。

私たち人間と同じように、5大栄養素や水はとても大切な栄養素です。

普段、愛犬に決められた量のドッグフードを与えていると思いますが、そのフードについてもう少し学んでみませんか。
ドッグフードも表示の見方を覚えるだけで、愛犬にどんな栄養をあげているのかが分かります。

そして、手作りフードを始めている方。始めたい方。必要な栄養素の量を計算できなくて困っている方。
ぜひ、本講座を学んで、愛犬のための必要量を計算してみてください。

綺麗に盛り付けているだけではなく、必要な栄養素が十分に含まれている食事をあげるには、その子に合った量が必要です。

「レシピが3kgのわんちゃん用だから、6kgの愛犬は倍にすればいいんだ。」
と思っている方。もしかしたら、必要な栄養素が不足しているかもしれません。

受講料

受講料/教材費 ★6月21日~7月20日まで★
資格取得応援キャンペーン
特別受講料
定価 30,000円 ⇒ 20,000円
(税・送料込)

新規講座が加わり、今だけのW受講のサポートもございます!

愛玩動物救命士】+【犬の管理栄養士】など、組み合わせて学ぶこともでき、尚且つサポート割引も!

▼資格取得応援キャンペーンの詳細はコチラ▼
text017_01 資格取得応援キャンペーン★締切7月20日まで★最大35,000円OFF!arrow30-001

▼講座詳細はコチラ▼

 

 

▼資料請求した方限定の特典付き▼ 無料資料請求は下のボタンよりお申込みください。

 

 

 

 

▼お申込はコチラ▼

 

 

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

環境の変化による体の不調について《獣医師からの健康注意点》

愛犬がお出かけの後(ドッグラン、しつけ教室、ドライブなど)吐き始めました。
呼吸が荒く、元気がありません。 そんな場合は、どんな原因が考えられるでしょうか。

 

見知らぬ犬や人と一緒で興奮してしまった、 何か誤飲してしまった、 車に酔った、など色々考えられます。

 

普段と違う環境に出かけると、興奮して息が荒くなり、ハアハアと空気をたくさん吸い込んでしまうことがあります。
吸い込んだ空気で胃がいっぱいになり、胃は何か食べ物が入ってきたかと勘違いし、消化しようと胃液をたくさん出します。
その胃液を吐き出そうとするから苦しくなります。 つまり胃に入った空気がうまく出せない状態かもしれません。

 

ゲップやおならで自然に出ると解消されることも多いです。
ミルクを飲んだ後の人間の赤ちゃんは、抱っこされて背中をトントンされるとゲップをします。ゲップを出さないとミルクが逆流したり、詰まったりしてしまうからです。
わんちゃんも同様に抱っこをして背中を軽くたたいてゲップを出してあげると良いでしょう。
ただし、体の大きな犬種や、胃の深い体型の犬種は、胃捻転になると命にかかわる事態になります。安易に考えず、いつもと様子が違うと思ったらすぐに動物病院で診察をしてください。
CIMG6054
メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★

メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

リードは命綱《獣医師からの健康注意点》

犬の散歩でリードが必要なのは、第一に犬の安全のためです。
リードで愛犬の命を守っているのです。
その他の理由は、しつけや他者への配慮のためです。
thTUHQUH6C

ノーリードで犬が事故に遭い、命を落とす悲しいニュースがありました。
早朝で人が少ないから、広い場所だから、とリードをはずし散歩をしていたところ、愛犬の頭と、バイクが接触し、バイクはそのまま走り去りました。
少しぶつかっただけなので、愛犬の様子も変わりなく、いつも通りに過ごしていたところ、午後になり体調が急変、数時間後に亡くなったそうです。脳の損傷でした。

 

ほかにもノーリードが原因と思われる事故や怪我、他者に吠え掛かった、咬みついたなど、事例は少なくありません。
事故以外にも、散歩の途中で自然災害に遭遇することがあるでしょう。地震、雷、突風など、突然の出来事にパニックになった犬は本能で逃走します。
飼い主さんは、どんな時でも「リードは命綱」と心して、愛犬を守っている一本を決して手放さないでください。

 

事故や怪我、迷子は、飼い主さんが防ぐ事ができるのです。
ペットの命を守るのは飼い主さん、あなたです。
resize
メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★

メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

トリミングのリボンはいつ取る?《獣医師からの健康注意点》

こんにちは。関東も暑くなってきました。

まもなく梅雨のシーズン。ジメジメ、蒸し蒸しし始めます。
そうすると、トリミングに行って、さっぱりと被毛をカットすると思いますが、そこでみなさんに確認があります。
toriming

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリミングに行くと、耳にリボンを付けてもらうことがあると思いますが、それをいつまで付けていますか。きちんといつまで!とは決まっていないのですが、すぐに取ったほうが良い場合も少なくありません。

綺麗にカットされ、最後にリボンで飾られて、本当に可愛い姿。写真に収めておきたいですし、そんな姿をずっと残しておきたい。
しかし、ワンちゃんの中にはリボンを気にして、耳をずっと引っ掻いてしまい、外耳炎になってしまう子や誤って目を引っ掻いてしまい傷になったり、毛がもつれて毛玉になってしまいます。
そのため数日中には取り外してください。
1か月後のトリミングに来た時までずっと同じリボンを付けている子も多く居て、大変なことになっている子も少なくないので、時には、トリマーさんに「うちの子は、リボンを付けないでください」と断ることも必要です。
愛犬の様子をよく観察して、気持ちよく過ごさせてあげたいですね。

 
メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★

メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

セミナー開催お知らせ&報告

【レポート】6/4(日)獣医師から学ぶ動物の救急救命実技セミナー

皆様、こんにちは。

今日もいい天気で、風が吹かないとすごく暑さを感じる日でした。

さて、恒例のアニマルプラザ様での動物の救急救命実技セミナーを開催しました。

前半は講義です。

後半は待ちに待った実技です。

わんちゃんにも手伝ってもらい、実際に心音等を確認。

最後は、心臓マッサージ体験が出来る人形を使っての心臓マッサージ体験です。

正しい位置、正しい強さを1人ずつ体験して頂きました。

<受講生の声>

・心臓マッサージや心臓の音を聞いたり、実際にさせていただけて勉強になりました。

・心臓マッサージをしたことがなく、思ったよりも力が必要で、力の加減が難しいと感じました。

皆様、暑い中お疲れ様でした。
メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ページの先頭へ