「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

【合格者の声】愛玩動物救命士<受講のきっかけ・気づいたこと>

きのこ様(平成29年2月23日合格)

保護犬に関わるボランティアをしている中で、様々な犬種・病気や老後のケア等、少しでも多くの知識を持ってケアしていければと思い受講しました。

 

気づいた事は、今までは動物病院で受ける説明をうなづきながらもよく理解していなかったことを痛感しました。
受講したことで知識が身に付き、頭の整理がとてもしやすくなりました。

 

今後は、知識を実践に移しながら、より身に付くよう努力したいです。保護犬が幸せを見つけられるよう、適切なケアが余裕を持って出来るようになりたいと思っています。

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

狂犬病ワクチンの予防接種について①《獣医師からの健康注意点》

予防接種で動物病院が混み合う季節になりました。
費用はかかりますが、命を守る予防のひとつです。

 

【狂犬病ワクチン】は、法律で年1度の接種が義務付けられています。

なぜ法律で義務付けられているのか、それは、万が一再び日本で狂犬病が発症した時に、「人の命を守る」ためです。

 

狂犬病ウイルスは、一般に感染した動物の咬み傷などから唾液とともにウイルスが体内に入り感染する場合が多く、傷口や目・唇など粘膜部を舐められるといった濃厚接触でも感染の危険性があります。

ウイルスは人を含む全ての哺乳類に感染します。

人への感染源のほとんどが犬とされていますが、これは人と犬との接触が他の動物に比べて多いためであり、犬以外の野生動物も感染源となっています。

 

発症すると人、動物ともに致死率はほぼ100%といわれ、治療法はいまだないのが現実です。

 

日本では、1957年を最後に60年間狂犬病の発症報告はありませんが、それまで200年以上にわたり苦しめられて来ました。

同じく一度は狂犬病を根絶したとされた台湾では、2013年、回収された野生のイタチアナグマ3頭の死体から、同地域では52年ぶりに狂犬病の感染を確認したと発表されましたが、遡って調査をすると、2010年からイタチアナグマの間に流行していることがわかり、さらには狂犬病に感染したイタチアナグマに咬まれた犬が狂犬病に感染したと報告されました。これにより、ペットショップの8割ほどが開店休業状態に追い込まれました。

アジアは世界でも狂犬病での死亡者が多いインド、中国を抱えており、海を隔てているとはいっても日本は常に侵入の脅威にさらされているのです。

 

しかしながら、日本の狂犬病予防ワクチン接種率は下降傾向にあります。

平成27年度の全国接種率は71%で、地域によっては50%を切る結果になっています。
よりそう猫と犬
メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

猫の散歩(室外飼い)の問題点について《獣医師からの健康注意点》

【お散歩シリーズ⑥】
お散歩シリーズ番外編。
今回は犬ではなく、猫の散歩についてお話させていただきます。
ハーネスをつけてのお散歩ではなく、猫だけでのお散歩についてです。

 

猫の散歩(室外飼い)の問題点とは?
猫は外を散歩することで、なわばりの確認や排泄をおこなっているようですが、そのことが悲しい問題を引き起こしてしまう恐れがあります。
ほかの人の庭を荒らしたり、庭の鳥や金魚に危害を加えたり、自動車の上で爪とぎをしたり、あちこちで糞便をしたりします。 朝に出したゴミをいたずらしたりもします。

 

また散歩中に、交通事故にあったり、猫同士、犬と猫の喧嘩もあります。
その結果、大きな怪我をしたり、感染症になってしまうこともあります。
高いところから落下して骨折したり、有刺鉄線で怪我をすることも多いです。

特に、交通事故は、猫にとっても大変な怪我を負いますが、轢いてしまった運転者である人間の気持ちになってみても、それは決して気持ちの良いものではありません。
突然飛び出してきた猫を避けるために、更なる重大な事故を起こしてしまうことも考えられます。もちろん接触してしまった感触や音は忘れることができません。

そんなトラウマを他人に味あわせないためにも、尚且つ、猫が安全に、そして安心して暮らすためにも、外に出すことはしないほうが良いと考えます。

 

猫は自由にさせてあげたい気持ちもよく分かります。
昔であれば、自然もそこかしこに残り、人や自動車の往来も多くはなく、猫たちも自由に行動することができました。
しかし、人も自動車も激しく行き交う現代において、果たして猫が自由に出歩くことが本当に良いのでしょうか。
大切な家族である猫の安全・安心のために。
そして、猫を取り巻く周囲の人々のためにも、今一度、室外飼いを見直してみませんか?

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

犬の散歩の時間帯とコースの変化について《獣医師からの健康注意点》

【お散歩シリーズ⑤】
今回は、お散歩の時間帯やコースの変化についてお話させていただきます。

 

時間帯やお散歩のコースで気をつけることは?

 

散歩する時間は、毎日決まった時間にという考え方が一般的かもしれませんが、あえて時々変えるということも大事です。
そして、散歩する人を時々変えるのも良いかもしれません。
時間が決定していると、その時間になると体が自然と反応して、快調なトイレにつながるメリットがあります。
ただ、突然の用事が出来て飼い主さんの都合がつかない時もあるでしょう。仕事が長引いたり、電車の遅延などで、毎日定刻に帰宅できるとは限りませんね。
そうすると、落ち着かず、犬はイライラしたり、イタズラし始めたり、吠え始めたりするかもしれません。
朝夕2回は散歩に行く。そのことだけは決めて、時間は飼い主さんの都合で前後することもあるよ。
いつも同じ人じゃなくて、時々違う人が散歩するよ。 と思わせる。
そうすると散歩コースも異なるし、所要時間も、引っ張る強さも変化することを経験しておくと、ペットホテルに預けた時にも、安心して過ごせるようになるでしょう。

来週は、猫のお散歩について、お話させて頂きます。

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

【いぬのきもち】<犬との暮らし大事典>にSAEのライセンスが紹介されました

いぬのきもち 特別編集 <犬との暮らし大辞典>にSAEのライセンスが紹介されました!

家庭犬訓練士、トリマー、動物看護師、動物介在福祉士は、 環境省認定の永久ライセンスです。(更新制度なし)

「動物取扱責任者」(販売・保管・貸出・訓練・展示の5種全て)の登録申請も可能です。

また2017年4月からは、上記のライセンスのうちの1つである「動物介在福祉士」のライセンス取得講座を銀座で開講します!

SAE Academyの開講に伴い、約半年間のスクーリングで受験資格を得ることが可能になります。

詳細はこちら 動物介在福祉士ライセンス 取得対策講座
メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★

メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

犬の散歩時の誤飲、誤食について《獣医師からの健康注意点》

【お散歩シリーズ④】
お散歩シリーズ②でも少しお話させていただきましたが、
今回は、お散歩時の誤飲、誤食についてお話させていただきます。

 

誤飲、誤食などへの注意

散歩をする道路には、いろんなものがあります。

人間が食べ残したものや捨てたゴミ、嘔吐物、糞便、毒物など。
雨の日のあとには、水たまりもできます。
その水たまりに数日前に使用した農薬が雨に流されて貯まっているかもしれません。
それを摂取することによって、多くの犬や猫は、お腹を下したり、嘔吐を繰り返しますが、 時には、死亡してしまう重大なこともあります。

 

散歩する飼い主さんは十分に監視し、それに近づかないことが大切です。
そのため、散歩コースを吟味し、きちんと犬をコントロールできる力や注意できる人が散歩するべきです。
小さな子供にリードを持たせたり、スマホを操作しながらの散歩はやめましょう。
夜、足元が暗くなったら必ず懐中電灯を持参し、何か食べないように、いたずらしたものを確認して、 確実な診断・治療に活かせるようにしましょう。

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ページの先頭へ