「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

【合格者の声】愛玩動物救命士(通信)<夢の第一歩として受講しました>

マロンキャット様(平成28年3月24日合格)

モニター写真

子供の頃から猫が大好きで、今は9匹の猫たちと暮らしています。

子供達も私と同様に猫が大好きで、特に次女は猫に携わる仕事に就くことを決めて勉強する為に専門の学校へ進学する事を望んでいます。

娘の影響もあり、私も子供の頃からの夢であった『動物、特に猫に関わった仕事』に就きたいと思い、その為の第一歩として愛玩動物救命士の講座を受講しました。

身近な動物の病気や特徴などをとても詳しく勉強する事が出来て、この講座を受講して良かったと思いました。

さらにステップアップする為に、また新たな講座を受講して娘と共に夢の実現の為に一歩一歩近づいていければ、と思っています!

モニター写真モニター写真


メルマガ
★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

セミナー開催お知らせ&報告

【開催レポート】5/22(日)第55回獣医師から学ぶ動物の救急救命実技セミナー

5月ながら連日夏日をマークしている中、例に漏れず暑い2016年5月22日(日)一番人気の「獣医師から学ぶ動物の救急救命実技セミナー」を開催しました。

講座の模様 講座の模様

今回の講師は、久々登場の松本獣医師。
独特な語り口で軽快に展開される講義と、自身の病院で実際にあった症例をふんだんに紹介しながら前半の座学は進みます。

講義では、緊急時・災害時に対する準備物やその時に必要とされる心構え、緊急時の動物の救急救命法を獣医師に引き継ぐまでの知識として学びます。
緊急時と言うと災害時や事故などを思い浮かべてしまいますが、日常のちょっとした不注意で一気に危険な状態を招いてしまうことも!日常で起こりやすい事故と対処法も説明します。

何より大事なのが、『もしもの事態を起こさない為』に日常からしっかり動物の健康状態を把握・管理すること!まず普段の状態を知る事から始めましょう。

 

講座の模様 少人数制でこの距離感で実技を受けられるのがこのセミナーの人気の秘密!

 

 

 

 

講座の模様同伴した愛犬やモデル犬の心音確認。松本先生が実際に病院で使用している二股の聴診器で聞かせてくれます。
手に入りやすいお値段の聴診器と、音の聴き比べも出来ます。

 

 

 

講座の模様 体温測定の実演、貧血・脱水のチェック方法の実演はモデル犬さんのお仕事。

 

 

 

 

講座の模様講座の模様(写真左)股動脈で脈拍の確認
(写真右)協力してくれた柴ちゃんを抱きしめる松本先生!

 

 

 

 

<受講生の声>
●今まで違う医療系のセミナーを受けたことがありますが、こちらのセミナーは身近で思わぬことを教えて頂いて、すごく勉強になりました。特に飼い主の心の持ち方がすごく心に沁みました。
●先生の話し方が分かりやすく、楽しく学ぶことができました。時間が足りないくらいで、もっと色々な話を聞きたいくらいです!
●実技も丁寧に指導いただいたのでとても良かったです。質問にも親身に答えて頂き、勉強になりました。
●他の方の飼われているわんちゃんの病気のこと等も聞けて、今後のためにもなったと思う。

 

獣医師から学ぶ動物の救急救命実技セミナー」次回の開催は7月31日(日)受付中です。
詳しくはこちら

ご参加をお待ちしております。

 

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

セミナー開催お知らせ&報告

大人気!動物の救急救命実技セミナー次回開催日決定!

愛犬同伴OK!緊急時や災害時にペットを守る!
現役獣医師から学ぶ「動物の救急救命実技セミナー」
次回は、7月31日(日)に開催決定、受付開始しました。
もしもの事態を起こさない為の日常管理法から、緊急時・災害時に対する準備物や心構えについてまで、現役獣医師から幅広く学べる!
ペットの健康を守るには、まず普段の状態を知る事から始めましょう。
同伴犬・モデル犬の心音確認、脈拍測定、貧血・脱水の有無など、普段の状況を把握する為に必要な実技を丁寧にわかりやすく指導します。
心肺蘇生モデル人形での心臓マッサージ体験もできます。

動物の救急救命実技セミナー

心臓マッサージの体験

 

 

 

 

 

 

 

毎回大人気で青森や九州からのリピーターさんも続出です!
飼い主さんはもちろん、ペットシッター・ドッグトレーナーの皆さんも受講しています。
もしもの場合に慌てず冷静に対処できるよう、体と頭で充分に体験してください。
講師は現役獣医師ですので、愛犬・愛猫のこと、何でもご相談できます!

詳細・お申し込みはこちら
★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

4月28日(木)TBSテレビ【Nスタ】で放送されました<ペットとの同行避難について>

4月28日放送のTBSテレビの【Nスタ】で、当協会のペット災害危機管理士認定講座の講師、岡さんが取材を受けました。

災害時にペットと一緒に避難することを「同行避難」といいます。

熊本地震では、居住スペースにペットが立ち入りできない避難所も多い為、鳴き声や匂いを気にして外で生活する人も少なくないのです。こうした事情に支援の動きも出ています。

↑ペット災害危機管理士認定講座2級の一部
メルマガ

★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

獣医師からの健康注意点

ペットの熱中症に注意しましょう!

【愛玩動物救命士】 
獣医師からの健康注意点

さわやかな五月晴れを通り越して東京では真夏日になりました。各地でも気温が上昇しています。

ペットの熱中症に注意しましょう!
体が熱く、元気のない様子は熱中症かもしれません。
水とスポーツドリンクを1対1で割った飲み物を与えて保水し保冷剤で体を冷やしながら、すぐに近くの病院へ行きましょう。乳幼児用イオン水はそのまま与えることができて大変便利です。
犬や猫は体が小さいので嘔吐や下痢でも大量の体液を喪失するため急激に脱水します。
軽度であればスポーツドリンクを補助的に飲ませて経過をみましょう。
症状が続くようであれば、必ず動物病院に相談しましょう。

熱中症は短頭種犬に限らず、最近はゴールデンレトリバーやチワワなどにも多く、以前はシベリアンハスキーやアラスカンマミュートにもよくみられました。熱中症はどんな犬にも、また比較的少ないですが、もちろん猫にも起きるものです。過信は禁物です。いつもより息づかいが荒い、体が熱いなど感じたら、なるべく早く獣医師に相談しましょう。バスタオルを濡らして体全体にかけて体温を下げてあげましょう。

【ペットが留守番している室内】
昨今のマンションやアパートでは、機密性・遮音性が高く、安全性も高いのですが、反面、空気の通り道がないことも多いのです。お留守番している動物たちは、タイマーでエアコンが消えてしまったり、部屋に閉じ込められ逃げられないこともあります。部屋に十分な広さがある、もしくは部屋数が多ければ、暑さから逃げることも可能になります。水の入った器を多めに設置しておきましょう。

【ドライブ中】
車の中は乾燥し、ペットも緊張状態が続いて喉が渇くので、水分は適度に与えましょう。
水とスポーツドリンクを何本か常備し、1本ずつ冷凍しておくと保冷剤代わりにもなりますね!
冷房をかけていれば大丈夫だろうと数分の油断が熱中症を引き起こすかもしれません。
車中にペットだけを残して出かけないでくださいね!

【熱中症予防情報メール】
環境省では本日より、熱中症の危険度を示す「暑さ指数」を公表する「熱中症予防情報サイト」を稼動。希望者には暑さ指数を無料でメール配信されるシステムです。
このサービスは、環境省が提供している暑さ指数の予測値及び実況値を、バイザー(株)が運営する高速メール配信システム「すぐメール」により無料配信するサービスです。
(但し、情報取得にかかる通信料(利用登録、ホームページの閲覧、メール送受信時に発生する料金)は利用者の負担となります。)
詳しくは参考サイトをご覧ください。
環境省熱中症予防情報サイト

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

【合格者の声】愛玩動物救命士(通信)<愛玩動物に対する正しい知識の必要性>

R.O様 (平成28年3月3日合格)

ムタくん(2さい) ルーンくん(1さい)

モニター写真モニター写真

私は長年犬を飼育しておりましたが、昨年初めて猫を家族に迎え、もっと犬と猫についての正しい知識を

身に付けたいと思い、愛玩動物救命士の講座を受講しました。

飼い主は正しい知識の元に犬や猫を飼養し、終生安心で幸せな生活を送ることが出来るように努める

責任があると思います。

しかし、正しく飼養しワクチン接種などで病気の予防をしたり、危険防止対策をしていたにもかかわらず、

病気になってしまったり、怪我をすることは起きてしまいます。

そんな時に愛玩動物救命士の知識があったら大変役に立つと思います!

これは人間にも言えることだと思います。

突然の事に慌てないように、犬や猫の習性・体の仕組み・応急処置などの知識を得る事によって

犬や猫、そして飼い主も安心した生活を送れるのではないかと思います。

ただ可愛がるだけではなく、多くの人にこのような講座を勉強してもらえたらいいなと思います。

モニター写真

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

月別アーカイブ


ページの先頭へ