「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

《犬好きな私に合う講座の知識を仕事にも活かしたい》合格者の声

SAEペットの資格「愛玩動物救命士」合格者の声

柏木 順子様  (平成27年3月26日合格)

ペット:ペキニーズ4頭
空(クウ)9歳・雌  宇宙(ソラ)6歳・雄
海(カイ)4歳・雄  光(ヒカル)2歳・雌

110914_152514

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回「愛玩動物救命士養成講座」の受講のきっかけをいただいた鈴鹿さんに感謝しております。
(鈴鹿さん=愛玩動物救命士 2014年資格取得者)
我が家には4頭のペキニーズがいます。昨年まで14歳のカーディガン・ウェルシュ・コーギーがいて、その頃は介護について勉強を始めていましたが、実際にその犬が倒れた時には心配ばかりで少ししか役に立たなかった事を教訓にして、この講座を勉強しました。倒れた時に相談やアドバイスをいただいたのが鈴鹿さんでした。鈴鹿さんには色々お世話になっており、私の犬好きに合う講座があるから受けてみないかと声を掛けられました。取得できたら知識を活かして仕事をしてみてはとアドバイスされ受講しました。
DSC_0165

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(動物の救急救命実技セミナー、ペット災害危機管理者認定講座にもご参加いただき、たくさんの事を学んでいただけたと思います!是非お仕事に活かしてください)

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

《何か自分から動くことが出来るかもしれない》合格者の声

SAEペットの資格「愛玩動物救命士」合格者の声

野村 唯様  (平成27年3月26日合格)

ペット:

猫(コカ・雄・6歳)(トトラ・雄・5歳)(パイン・雌・3歳)元野良猫

犬(トム・雄・7歳)ラブラドール
野村唯ペットと一緒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受講のきっかけは2つあります。
まず1つ目に、高知県では近い将来、南海大地震が来るとされています。
その時に、皆の命がかかっているので、動物のことまで気がまわらなかったり、日頃、一緒に避難すると思っていても、実際には難しい場合もあると思うのです。その時に、少しでも動物に対して知識を持っていれば、何か自分から動くことが出来るかもしれないという思いからというのと、現在、動物愛護のボランティアを行っています。TNR活動から里親探しなど範囲は様々ですが、いつかはペットシッターとして仕事につなげていきたいとも考えており、仕事にも現在の活動にも活かせる場面が多いのではないかと思い「愛玩動物救命士」養成講座を受講しました。
(活動のお写真もお送りいただき有難うございます。講座で学ぶ知識がお役に立てることを願っております!)

野村唯 活動風景

獣医師からの健康注意点

ペットと一緒にドライブ<乗り物酔いや熱中症を防ぐ>

大型連休中に車でペットとドライブ、旅行、帰省される方も多いでしょう。
ペットが車酔いにならないように、車好きになってもらうように、環境づくりをしてあげてください。車やケージには、慣れているおもちゃや大好きなおやつを入れて、楽しい雰囲気づくりをしましょう!

一緒だと楽しいよね♪ 安全快適にお出かけしよう!

一緒だと楽しいよね♪ 安全快適にお出かけしよう!

「食事は乗車30分~1時間前に済ませましょう」
大人も子供達も同様ですが、お腹いっぱいで車の後部座席に座ると、揺れにより気分が悪くなります。
出発前に余裕をもって食事を済ませ、SAやお店で休憩する時は食事後30分ほど経ってからドライブに戻りましょう。車中でのおやつも楽しみのひとつですが、ペットが同乗している時は我慢して!ニオイに敏感なので飲食は控えましょう。吐いてしまってもペットを叱らないで!消毒用アルコールなど準備しましょう。

 

「熱中症にくれぐれもご注意」
車の中は乾燥し、ペットも緊張状態が続いて喉が渇くので、水分は適度に与えましょう。水とスポーツドリンクを何本か常備し、1本ずつ冷凍しておくと保冷剤代わりにもなりますね!体が熱く、元気のない様子は熱中症かもしれません。水とスポーツドリンクを1対1で割った飲み物を与えて保水し保冷剤で体を冷やしながら、すぐに近くの病院へ行きましょう。乳幼児用イオン水はそのまま与えることができて大変便利です。
犬や猫は体が小さいので嘔吐や下痢でも大量の体液を喪失するため急激に脱水します。軽度であればスポーツドリンクを補助的に飲ませて経過をみましょう。症状が続くようであれば、必ず動物病院に相談しましょう。

 

「最初は5~10分のドライブから」
少しずつ距離を伸ばして車に慣れさせましょう。長距離ドライブの場合は、多めに1~2時間に1度は休憩をとり、新鮮な空気に触れることで、ペットも運転手も皆気分よく過ごせますね!目的地に着いたらおやつを与えたり、散歩をさせたりと、犬にとっての「楽しいこと」を用意しておくと「車に乗る=いいことがある」と思うようになります!

 

「普段使いのおもちゃ、食器など必需品」
旅行だからと新しいものを用意すると、混乱させてしまう場合があるので注意!
普段使っているタオルケットや毛布、いつも遊んでいるおもちゃなどを傍に置くなど、犬にとって「安心が出来る場所」を確保してあげましょう。食器やフードも普段のものを旅行日数分準備して出かけてくださいね。

 

「車中のニオイに気をつけて」
ニオイに敏感なので、車の中の排気ガスのニオイ、食べ物のニオイ、芳香剤の匂いなどで車酔いをしてしまう場合もあります。車の中は芳香剤などを置かず、車の中のニオイに気を配りましょう。

 

「走行中はケージやキャリーバッグが指定席」
揺れや振動の影響を受けにくくする為に、車に乗っている間はキャリーバッグやクレートに入るように訓練しておくことも必要です。万が一の事故の時も、クレートやキャリーバッグが犬を守ってくれます。中にお気に入りのおもちゃを入れて楽しい雰囲気づくりをしましょう。

 

「停車したらまず車内でリードを」
急にペットが飛び出してしまう場合がありますので、車のドアを開ける前に必ずリードをつけておきましょう。ペットを車内に置き去りにすると、夏場は熱中症、冬場でも脱水症になる危険がありますので避けましょう。車内で待たせる場合は必ず誰かが付き添ってあげましょうね。

 

「万が一に備えて」
はぐれた時にすぐ連絡してもらえるよう、迷子札に携帯電話の番号を書いておきましょう。急な体調変化を相談できるよう、かかりつけの病院の連絡先を控えておきましょう。目的地や通過地点の24時間診察OKまたは休日対応のどうぶつ病院なども調べておくとより安心です。

 

獣医師からの健康注意点

猫のフィラリア症(犬糸状虫症)

ペットの健康注意点<愛玩動物救命士>獣医師からのアドバイス

 

フィラリアは犬の病気として有名ですが、猫にも(フェレットにも人間にも)感染することがあります。猫がフィラリアに寄生されてもほとんど症状が見られないこともありますが、苦しそうな咳や呼吸困難、嘔吐といった症状が見られたり、ごく稀ですが突然死することもあります。

フィラリア症(犬糸状虫症)は、犬糸状虫(フィラリア)と呼ばれる寄生虫が心臓(おもに肺動脈)に寄生して起こる病気です。猫の場合、寄生するフィラリアの数が非常に少ないため、検査では発見できないケースも多くあります。診断が難しく、予防が何より大切といえます。

猫

【予防】
蚊にさされないこと、それに尽きるのですが、通常の生活では1度もさされないなんて有り得ません。数十回、数百回とさされても感染しないこともあり、一方でフィラリア症の血液を持った蚊に1回刺されて感染することもあります。対策として、内服薬、首に垂らす液剤があります。
犬も猫も、室外・室内飼いに関わらず、毎年、内服を始める時期には動物病院へ行って血液検査を行ってください。フィラリアに感染している動物に薬を投与すると重大な問題になることもありますから、安心して投与するためにも必ず血液検査を行いましょう。

いつからお薬を飲ませるのが良いのか、地域差がありますが、飲ませ始める時期は、蚊を見かけてから1ケ月後から、蚊を最後に見かけてからプラス2ケ月は服用させると言われています。
関東ですと、4、5月~11月の7か月~8か月間(7~8回の投与)。
フィラリアの子虫を殺す作用があり、たとえば5月1日に内服すると、1ヶ月前の4月1日からの感染を無かったことにします。そのために、9月くらいで薬剤の投与を終わりにしてしまうと、万が一、それ以降に感染してしまったフィラリア症を無効にできていないことになります。

フィラリアに対する薬は、予防するものではなくて、駆虫する薬であるということ。
「薬の投与」というと、飼い主さんの多くは毛嫌いしてしまい、蚊が居なくなったんだから内服薬の服用は止めたいと思ってしまうのも当然です。ただし、蚊が居なくなった時期のプラス2か月、プラス2回分、愛犬愛猫にお薬を与えることが重要なことを覚えておいてください。

蚊の活動期間および投薬期間は地域によって異なるので、かかりつけの動物病院の指示に従うようにしましょう。

室内飼いの場合でも蚊に刺される可能性がないとは言い切れません。予防薬を投与することが望ましいでしょう。

セミナー開催お知らせ&報告

ペットの救急救命実技セミナー7月12日開催!ご参加受付中!

2015年7月12日(日)14:30~16:30
愛犬同伴OK!【第50回 ペットを守る!動物の救急救命実技セミナー

緊急時や災害時にペットを守る!現役獣医師から学ぶ救命法の講義と実技!モデル犬で心音を聴いたり、脈を計ったり、普段の状態を知る事から、心臓マッサージの方法まで、 丁寧にわかりやすく指導します。ペットの健康を守るにはまず普段の状 態を知る事から始めましょう。
愛犬同伴OKです。どなたでもご参加いただけます。
「ペットを飼っていても知らないことが多かった」
「ドッグトレーナーをしているが、犬の体についてじっくり学んだのは初めてです」
など参加者から毎回人気のセミナーです! お申込はお早目に。

ペットの王国ワンだランどのMC篠田麻里子さんがセミナーに参加されました。
(2015年3月22日TV朝日にて放送)

確認用

 

心臓の音きかせてね

心臓の音きかせてね

心臓マッサージは心肺蘇生モデル人形で体験

心臓マッサージは心肺蘇生モデル人形で体験

【開催日】2015年7月12日(日)14:30~16:30
【受講料】1名 10,000円  同伴犬1頭500円  (いずれも税込)
【定 員】15名
【同伴犬】1名1頭まで(先着5頭まで受付)
※小・中型犬(予防接種済み、無駄吠えなどしない社会性のあるワンちゃん)に限ります。
※同伴犬なしでもモデル犬で実技体験できます。
【講 師】獣医師 松本慶太
【開催場所】一般社団法人 全日本動物専門教育協会 事務局内セミナールーム
〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-5銀座オオイビル5F
【申込方法】SAE買物サイトページが移動します。
(銀行振込・クレジットご利用できます)同伴犬ご希望の方は「同伴犬¥500」を一緒にお申込ください。

※詳細・今までのセミナーの様子はコチラ

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

《一人でも多く愛玩動物救命士が育ってくれたら良い》合格者の声

SAEペットの資格「愛玩動物救命士」合格者の声

野尻 こず江様  (平成27年3月11日合格)

ペット:りんごちゃん、じゃむ君、ぴー君

最近では、世界各国、日本各地でいろいろな自然災害が多発し、各地で大きい傷跡を残し沢山の人々や動物達が被災され報道などでも、いつどこでどんな災害が発生しても不思議ではないと見聞きするようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は犬3匹と生活しているのですが、もしこの子達も同じように被災したり、病気や怪我をした時はどうすれば良いか、とても不安でした。
そんな時、初めてこの「愛玩動物救命士」資格のことを知り、本当に嬉しかったです。
救える命を救い、救えないように見える命も助けられるかもしれない。
私はこの資格を仕事にも活かしたい。
これから勉強される方、とってもわかりやすいです。頑張ってください。
そして一人でも多く愛玩動物救命士が育ってくれたら良いと思います。

(受講生への激励ありがとうございます!大切な命を守る知識が広まることを願っています)

 

セミナー開催お知らせ&報告

ペットを守る!動物の救急救命実技セミナー開催しました

獣医師から学ぶ「動物の救急救命実技」セミナー4月19日開催レポート

みなさまこんにちは。

さて、今日は昼前から急に雨が降ったり止んだりと変な天気でした。

新年度が始まり、新しい生活を始めた方も多いのではないでしょうか??

このセミナー受講生の方々も、今回セミナーに初めて参加していただいた方や何かを始めたい方などなど

多くの方がお越しいただきました。

そんな中で、今日ずっと私を見ている視線が・・・・

CIMG7258

ペキニーズの空(クウ)ちゃんでした。

なるほど、前半の講義ではわんちゃんは少し退屈だったのでしょうかww

前半の講義では、資料を元に獣医師芝田先生より講義をしていただきました。

なんといっても、先生の体験経験談が聞けるので、注意するべきポイントが分かりやすいんです。

 

CIMG7268

 

 

 

 

 

 

 

 

普段、あまり見る機会のないレントゲンも丁寧に解説しております。

後半の実技では、心音を聴いたり、脱水の状態を調べたり・・・・

「じゃ、次は体温測りましょう!!!」の芝田先生の声に、

本日受講していただいた方のわんちゃんが興味津々!!

みんなに笑顔をくれました

CIMG7280

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、雫ちゃんにお願いして体温測定。

CIMG7281

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に心臓の音や脈拍を測ることで、

わんちゃんたち1頭1頭全く違う心臓の回数だったり、

血管の太さだったりを体験出来ます。

緊急時にあわてる前に、

 愛犬の正常時を知っておくことが大切です。

<受講生の声>抜粋

・先生も楽しくお話も分かりやすく短時間でも充実したセミナーでした。モデル犬も皆「良い子」で参加されている子もみんな「良い子」で会えてよかったです。
・本で読んだりネットで見たこともありましたが、やはり実際にお話や犬をモデルに使った実技体験は勉強になりました。心臓音が聴くことが出来てよかったです。
・自分で普段勉強していてもまだまだ分からないことが多く、大変勉強になりました。丁寧で分かりやすいだけではなく、楽しく学べ貴重な時間となりました。実施に犬と触れての実習を忘れないようにしたいと思います。
・ためになりました。あっという間の2時間でした。また機会があれば受講したいです。

 

次回は7月12日(日)14:30~16:30開催、ご参加受付中です!

開催スケジュールはこちら(お申込は銀行振込・クレジットがご利用できます。

 

 

協会からのお知らせ

ペット災害危機管理者認定講座4級 開催レポート

東日本大震災から4年と1ヶ月の2015年4月11日
第3回目となる「愛犬を守ろう!体験型防災準備セミナー」ペット災害危機管理者認定講座4級を開催しました。
毎回、定員いっぱいのご参加を頂く当講座、今回も東海・関西地方からお越しの方もお迎えし、災害について意識すること、日頃の準備の重要さを共有しました。「防災準備」とは物資の準備だけを指すのではありません。災害・防災に関する知識を学び、学んだ内容は共有する→機能させる→継続することの大切さをお伝えしました。

CIMG7209

愛犬を守るにはまず飼い主である人が無事であること。
「如何にこの子と安全な場所へ移動できるか」緊急時・災害発生時こそ慌てず焦らず、冷静な心と判断力、飼い主が満足に動ける身体が必要なのです。

 

 

 

 

 

CIMG7213

避難経路確認アクション。意見を出し合いながら、あらゆる危険性を想定し安全な逃げ道をシミュレーション。

 

 

 

 

 

CIMG7229

班ごとにルートを発表。何故そう考えたか?色んな意見を聞き、思いつかなかったところに気付き、共有する。

 

 

 

 

 

CIMG7242

避難用品は実際に触って着用して体験。

 

 

 

 

 

 

<受講生の声>
●まだまだ防災に関する知識が足りていないと痛感しました。
●何も考えずにいたので、これを機会に考えます。
●先日、行政から配布されたハザードマップを改めて確認しておきたいと思います。
●ニュース等で見ていて、万が一を考えているつもりであっても、実際には何もしていなかったのだと思いました。

ペット災害危機管理者認定講座4級」認定試験の結果は後日郵送です。
ペット災害危機管理者4級では、防災の「準備」に特化して知識修得したことを認定します。
資格を取ったら終わり。ではなく、資格を取ったからこそ周囲の人にその知識を共有して下さい。
この資格を取得された方々から、ペットとの防災について考える方が増えること、知ること、広まることを願います。

次回の開催スケジュール・お申込はコチラからご覧ください
皆様のご参加をお待ちしております。

協会からのお知らせ

『愛玩動物救命士通信講座』<連休お休みのお知らせ>

ペットの「健康」そして「いのち」を守るために
健康管理と緊急時の対処法を学ぶ『愛玩動物救命士通信講座』
学生さん、飼い主さん、主婦の方や会社員の方、どなたでも受講できます。
ペットを飼っていないけれど興味のある方、実際の仕事に活かしたい方などの受講生急増中!
自分のペースで学習できる通信講座だから安心。
連休前に教材を希望の方は4月21日までにお申し込みと受講料のご入金をお手続き頂けますようお願い申し上げます。

<連休中のお休み>

誠に勝手ながら5月2~6日は電話応対・教材発送の業務をお休みさせていただきます。

資料請求・お問い合わせ・お申込のメールは年中無休で受付いたします。

5月7日より順番にご対応いたしますので予めご了承ください。
th[1]

━━━━━━━━━━━━━━

○●獣医師もオススメ!●○

━━━━━━━━━━━━━━

動物病院との緊急コミュニケーションにも大変役立つ資格です。

ペットの身体の仕組みや、今ペットがどのような状態にあるのか、飼い主の方々で的確に答えられる人は大変に少ないと思います。

愛玩動物救命士資格は、ワンちゃん猫ちゃんの身体の仕組みや、病気やケガについてしっかりとした知識を身につけられます。

多くの飼い主さんが、ご自身で飼っているワンちゃん猫ちゃんが事故や病気になったとき、車で病院へ連れてこられます。

しかし、病気やケガの状態によって病院へ来るまでの不適格な処置で様態が悪化していることが、 かなり多くの症例として見ることができます。

動物病院へ車で運ぶ際、ドクターに手渡す問診表付録(教材付録)や、やってはいけないこと、やらなければならないことのスキルがやさしく丁寧に解説されています。

すぐに役立つ飼い主さん必携の認定証。それが愛玩動物救命士資格だと思います。ただし診療はできません。私たち獣医師の指導の下、社会に貢献していただきたいと思います。

 

セミナー開催お知らせ&報告

ペットの情報番組で救急救命実技セミナーが紹介されました!

篠田麻里子さんが動物の救命救急実技セミナーに、愛犬ムッシュちゃんと一緒に参加された模様が放送されました。

篠田さんはとても熱心に獣医師の講義を聞き、救急救命のABCをしっかりと実技体験されていました。
愛犬ムッシュちゃんはとっても可愛くて撮影スタッフみんなのアイドルになり、撮影現場を和ませてくれました。
篠田麻里子さん実技セミナー

平成27年3月22日放送
番組名「ペットの王国 ワンだランど」
人間とペットの絆と愛情を描くドキュメントバラエティ番組です。(平成29年3月放送終了)

協会では2ケ月に1度「動物の救急救命実技セミナー」を開催しています。ご参加受付中です!どなたでもご参加できます。
開催スケジュールはコチラから

モデル犬の心音を聴いてみよう

モデル犬の心音を聴いてみよう

 

ページの先頭へ