「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

獣医師からの健康注意点

今年も蚊が飛び始めました「獣医師からフィラリア薬についてアドバイス」

先週マンションのエレベーター内で「蚊」を発見しました。
少し暖かくなってきたな~と思っていた矢先、春の気分を飛び越え夏を連想させる蚊をみつけ驚きました。
蚊を見かけると気になるのが「フィラリア」です。

いつからお薬を飲ませるのが良いのか、地域差がありますが、飲ませ始める時期は、
蚊を見かけてから1ケ月後から、蚊を最後に見かけてからフプラス1ケ月は服用させると言われています。

獣医師から補足アドバイスです。
「フィラリアに対する薬は、予防するものではなくて、駆虫する薬であるということ。
予防するならば、蚊に刺されない対策をするしかなくて、自然で散歩して生活しているならば、蚊に刺されてフィラリアに感染してしまうことは仕方ないです。
薬を服用すると、小さいフィラリアや未成熟のフィラリア(ミクロフィラリア)を殺す作用があって、その時点で駆虫しています。
だから、たとえば薬を飲んだ次の日には、薬は代謝・分解されてしまって体内には残っていないので、
その日に感染したものは、1か月後の投薬日に駆虫されます。
蚊が居なくなってから、プラス1ケ月または2ケ月後まで服用するのはそのためです。

「予防薬」と考えると、10月初旬に飛んでいた蚊は9月末の予防薬で対処できていると錯覚しますが、
あくまで、「駆虫薬」なので、確実に10月末や、11月も服用しないと完全ではないと考えないといけないのです。
今は、犬の室内飼いが多く、ほとんどの犬が投薬されているので、都市部では、ほぼ感染しないかもしれません。薬を処方されておらず、フィラリアにかかった犬から吸血した蚊が、感染していない犬にうつすので、フィラリアの犬が居なければ、うつることは無いはずなんですよね。」

お散歩大好き♪安心・安全を守ってね

お散歩大好き♪ 可愛いワン子達を病気から守ってあげましょう

事務局スタッフの愛犬 マルチーズの親子
(手前「ひめちゃん」母 奥「ボン君」息子 お外だと仲良しで~す。家では、やんちゃ放題!)

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

将来は動物レスキュー目標!(合格者の声)

愛玩動物救命士合格者 
髙橋 博志さん(平成24年7月30日合格)
「飼い主さんと動物達が幸せに生活できる事を目標にしています。
今後も救命士受講生を増員し定期的にセミナーに参加したい。
緊急時にペットを車で搬送する動物レスキューを目指したい。
地方には24時間対応の動物病院がまだまだ足りませんので、緊急時に動物達を救えるようネットワークを広げたいと思っています。」
福岡県北九州市在住でご活躍中。
ネズミ捕りの罠にかかってしまった瀕死の仔猫を救助!
(今は元気になり髙橋さんの愛猫です)
飼い主さん仲間からペットの健康相談を受ける事も多々あるそうです。
現在までに救命士受講生を4名ご紹介いただき、東京で開催する救急救命実技セミナーに2回参加、昨年の救命士交流会にも遠方よりご参加くださいました!
これからも温かいまなざしで動物たちを見守ってくれる心強い髙橋さんです♪

愛犬「そら」くん

愛犬「そら」くん

 

★大注目★ドッグヨガセミナーTV放送!

協会で開催中の大人気セミナー「愛犬と一緒に健康になるドッグヨガ」の様子がテレビ番組内の特集で放送されます。
放送日2014年2月24日(月)TBS系列19:00~
番組名「私の何がイケないの?」(ペットを愛する芸能人特集)是非皆さんご覧ください♪
3月2日開催のドッグヨガセミナーお席まだ間に合いますのでご興味ある方は是非一度ご参加ください。
ヨガ初心者大歓迎!詳細・お申込は下記ご参照ください。

 

(2月16日の開催報告)

今月のテーマは「ハートウォーミングDOGYOGA!バレンタインで深まった絆をキープしよう!」
バレンタインで世の中がHappyオーラに包まれ、より愛犬への想いも深まった後、そのあったかい気持ちをいつまでも忘れないでほしい!
そんな思いを込めて・・・今回は、より気持ちが繋がる為のポーズが登場しました!

猿王(ハヌマーナ)のポーズ

猿王(ハヌマーナ)のポーズ

片膝を床につけて、もう片足は前に踏み出す。体重を前足に移して腰を下ろす。
(腰が悪くなければ反らす)

愛犬をしっかり胸に抱えて一体となりました!
CIMG5989こちらは恒例の「真珠貝のポーズ」
愛犬は大切な宝物、大事に大事に包み込みましょう。

このポーズは骨盤を広げ、骨盤周辺の血行アップの効果があります。
更年期障害や、冷えなどのお悩みの女性にはぴったりのポーズです。

~参加者の声~
・愛犬と一緒に参加できるイベントを探していたのでとても楽しかったです。
・愛犬もリラックスできているように思えました。
・前回ドッグヨガに参加した後、ずっと気になっていた脚のむくみが取れ、そのまま2~3週間キープできました!こちらのヨガのおかげと実感しました。

次回は3月2日(日)10:30~12:00、受付中!
テーマ:「ひな祭りDOGYOGA!愛犬と無病息災を願いながら心身を浄化しよう!」
春は浄化の季節、健康的な春を迎えましょう!

【お申込先】
こちらをクリック☆「SAEペットの資格」サイト 1Day実技セミナー

または、ご氏名、ご連絡先(住所・TEL)、同伴犬有無(有の場合:ペットの名前、犬種、性別、年、体重、性格)をTEL・FAX・E‐mailいずれかの方法でご連絡下さい。

【お問合せ先】
一般社団法人 全日本動物専門教育協会
TEL:03-5565-0533
FAX:0120-159912

★ドッグヨガについてのお問い合わせは日本ドッグヨーガ普及協会まで
HP:http://dogyoga-wan.com/

セミナー開催お知らせ&報告

いざという時ペットを守る「動物の救急救命実技セミナー」

2014年2月16日(日)
ドッグトレーナー養成スクール受講生の皆さんにご参加いただきました。
前半の講義では、実際に動物病院でおこなった誤飲物摘出手術などのスライド説明があったり、冬に多い電気コードの感電時の対処法など、これからドッグトレーナーや動物関連のお仕事につく方に起こりうる事例がいくつか紹介され、受講生の皆さん少し緊張気味でしたが、後半で、モデル犬に実際に触れて学ぶ実技講習に入ると皆さん活き活きとした表情になりました!

さすがスクール受講生!真剣なまなざしです。

さすがドッグトレーナースクール受講生!真剣なまなざしです。

◆受講生の感想抜粋紹介
「すべての飼い主が知っておくべき基本だと思いました。大切な家族を守るためには是非知っておきたい事ですね。」
「気道確保や心臓マッサージの体験が出来て良かった。実際の救急時に本物の犬でおこなうと思うと少し怖い気もするが、いざという時は頑張りたい」
「複数頭のモデル犬で心音や脈の確認が実践できた点が良かったです。」
「実際に聴診器で心音がきくと、その子によってドキドキしているスピードが違うのがわかりました」
「モデル犬の子達が可愛かった!」
個体差があるので、普段の健康な状態を確認しておくことが最も大切ですね。
Iドレミちゃん咲ちゃんさくらちゃん

皆さんも是非モデル犬達に会いに来てください(^^)

次回は3月23日(日)13:30~15:30開催です。
受講料¥10,000 同伴犬1頭¥500(先着5頭まで受付)
☆お申込はコチラ 銀行振込・クレジット決済ご利用できます。
午前中10:30~12:00は犬種別セミナー第1弾「ミニチュアダックス健康管理」講座です。
ミニチュアダックスがかかりやすい椎間板ヘルニアの予防法や自宅でできる緩和マッサージなど学びます。
午前と午後の2つのセミナー参加の場合は参加費合計¥20,000から¥5,000割引の¥15,000です。
☆2講座申し込みはコチラ

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

犬は喜び庭かけまわる♪雪の日

「愛玩動物救命士」渡部理恵子様(2012年2月29日合格)
「我が家の愛犬、心花(ここな)心愛(のあ)輝心(らいと)です。
2頭はレスキューした元保護犬です(^-^)よろしくお願いします!」

すごく瞳のきれいなワンちゃん達♪見つめられると嬉しくなります。

すごく瞳のきれいなワンちゃん達♪

まっすぐ見つめられると嬉しくなってしまいます♪

今日も大雪予報

今日も大雪予報

楽しそう♪

楽しそう♪  心花(ここな)ちゃん、心愛(のあ)ちゃん

女の子同士のじゃれ合いを見つめる輝心(らいと)君

女の子同士のじゃれ合いを見つめる輝心(らいと)君

今日夕方から明日にかけて大雪&強風予報です。
皆さん電車運行情報を確認して早めにご帰宅くださーい!

セミナー開催お知らせ&報告

獣医師から学ぶ「ペットロスケア」セミナー開催します

3月29日(土)13:30~15:30

「様々なペットロスを学ぼう」
~獣医師から学ぶ様々なペットロス~  ペットロスケアセミナー開催します。
大切な家族、愛しいパートナーを失った飼い主さんの悲しみを表す言葉―「ペットロス」
◇亡くなったペットに失礼なので、泣いてはいけない
◇ペットが亡くなったら、すぐに次の子を飼うべきだ
◇悲しみを軽減する為に、あらかじめ別の子を迎えておいた方がよい
チワワと人

有識者の中には、上記のような「ペットロス対応how to」を語り、飼い主さんをペットロスから遠ざけようとする人がいます。ペットロスは、遠ざけられなければならないものなのでしょうか?

ペットロスとは「病気」であり「悪」なのでしょうか?
このセミナーで『獣医師』が、飼い主・家族・治療者などペットの周辺にある多様な「悲しみの感情」についてお伝えいたします。
・ペットを亡くされた方
・現在ペットと暮らしている方
・周りにペットロスに苦しんでいる人がいる方
など、どなたでもご参加頂けます。

●受講料:1名5,000円 こちらのセミナーは動物の同伴はできません。

●定員:15名

●講師:先崎 仁思 (獣医師、作家、教育獣医師集団ペットオーナーズサポート代表)

●開催場所: 一般社団法人 全日本動物専門教育協会 事務局内セミナールーム

〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-5銀座オオイビル5F
お申込はコチラ

獣医師からの健康注意点

春先にかけて散布される除草剤に注意しましょう

農薬や除草剤に注意!
先週、公園に散布された除草剤が原因と考えられ多くの保護猫さん達が命を落としたと
沖縄在住の舛本さんより情報をお寄せいただきました。

これから春先にかけて屋外の多くの場所、公園などで散布すると思います。
まず大切なのは直接浴びないこと、舐めたり摂取しないことです。
もし浴びたと思う時はすぐに足や体をよく洗ってください。
農薬は、葉や茎に付きます。
除草剤は、根から吸収され葉や茎を枯らします。
万が一摂取していたら、舌なめずりをずっとしていたり、嘔吐や下痢をします。
そんな兆候と、そういえば葉っぱを食べていたと思うならば早めに病院へ行きましょう。
さらに注意したいのは雨の日の水たまり。
葉や茎、根元に散布した農薬が流れてきて水たまりに溜まります。
それを舐めて体内に摂取してしまうことが多いです。水たまりの水は飲ませないでください。
散歩や外出から帰宅したらペットの様子を注意して観察しましょう。

安心できるお散歩ルートをみつけてください

安心できるお散歩ルートをみつけてください

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

飼い主さんの健康管理も大切です

大切な動物の命を守る!飼い主さん自身の健康管理はいかがですか?
私達が元気に過ごすことにより、動物達にも快適な環境を整えてあげられます。
私事ですが自分がもしも救急病院に行くことになったら、この病院を指定して!と家族に伝えてあります。
自宅から近いことはもちろん、施設や医師の情報など事前に知っておくことが大事と思います。
救急を受け入れている総合病院などに普段行かない方は、健康診断や人間ドッグで一度診察に行くことをお勧めします。
カルテがあれば救急時にスムーズに受け入れてもらえるかな~と勝手にポジティブに考えています。
自分が怪我や入院で動けなくなった時に動物のお世話をお願いできる方はいますか?
ペットホテルや飼い主さん友達を通して情報交換しておくことが大切ですね。

セミナーモデル犬の咲きちゃんファミリー大集合♪

セミナーモデル犬の咲きちゃん&さくらちゃんファミリー大集合♪

皆おすまし顔でご挨拶。U^ェ^U 。
撮影者の「みかんさん」貴重なベストショット有難うございました♪

咲きちゃん いつも有難う

咲きちゃん いつも有難う!

セミナー開催お知らせ&報告

動物の救急救命実技セミナー開催しました(2014年2月2日)

緊急時や災害時にペットを守る「動物の救急救命実技セミナー」を開催しました。

マルチーズ好きな講師の松本先生、受講生同伴犬の姫ちゃんを抱っこしてご満悦♪

マルチーズ好き講師の松本先生、受講生同伴犬の「ボン」君を抱っこしてご満悦♪

「ぼん」君のママ、キュートな「姫」ちゃん

「ボン」君のママ、キュートな「ひめ」ちゃん

ボストンテリアの「あくび」ちゃん 可愛いね♪

ボストンテリアの「あくび」ちゃん 可愛いね♪

セミナーモデル犬「咲き」ちゃん 眼球と結膜のチェックです。

セミナーモデル犬「咲き」ちゃん 眼球と結膜のチェックです。

モデル犬さん達と受講生の同伴犬さん達、様々な犬種や性格の違う子達で、和気合々と楽しい雰囲気で講義と実技がすすみました。
ご愛嬌&ご挨拶で時々「ワン!」「クウ~」ときこえてきていたかな。
犬種別、持病別のお悩み事に獣医師から個別アドバイスもあり、今回も満足度の高い内容となりました。

なんて格好良い!決まっていますね イタリアングレーハウンドの「アルブレヒト」君

なんて格好良い!決まっていますね イタリアングレーハウンドの「アルブレヒト」君

こちらもイタリアングレーハウンドの「アル」君 みんなおしゃれですね!

こちらもイタリアングレーハウンドの「アル」君 みんなおしゃれですね!

愛玩動物救命士による「東日本大震災」被災地を取材したリポート報告もおこないました。仮設住宅で過ごす飼い主さんとペットの話など聞くと、いつか必ずくる災害に備えて改めて気が引き締まりました。
【参加者の感想】
「ケガの時だけでなく、心臓マッサージや人工呼吸の仕方など実際にやってみてわかりやすく知れて良かったです。災害時の実際の話を聞けたり、備えておく物も知れてとても勉強になりました!(愛犬を)連れてきて聞きたかったなと思いました。」
「20年近く犬を飼っていますが、心臓をマッサージしたり、心音を聞くのは初めてでした。現在、犬の保護活動をしていて、高齢の犬や病気を持った犬と一緒に住む事が多いので、今回のセミナーで学んだことがいつか役立つと良いと思います。」
「心臓が悪いうちの子のために参加しました。救急救命法は飼い主が身につけなくてはいけないものだと思います。それを学ぶことができ本当に良かったです。」
「大変勉強になりました。また被災地のことなども聞けて良かったです。」
「こういった機会はなかなか無く、今回参加したことでますます動物のことが知りたいと思いました。
(被災地リポートを聞いて)災害時のことも、もっと良くわかっていないといけないと感じました。」
「現役のドクターのお話しなので特に心に残った。」
「心臓の音を聞く機会ができて良かった。これから持病とつきあいながらシニア時期を迎えるので講義の話を参考にしていきます。」

★「ペットを守る!動物の救急救命実技セミナー」
次回は2014年3月23日(日)13:30~15:30開催ご参加受付中
どなたでも参加できます。
受講料1名¥10,000 同伴犬1頭¥500(いずれも税込)同伴犬は先着5頭まで受付します。

セミナー開催お知らせ&報告

ペットに愛を届ける「パステルシャインアート」セミナー開催しました

2014年2月1日
2週間後のバレンタインに向けて・・・
ペットに愛を届けよう!「パステルシャインアートセミナー」開催しました。
パステルシャインアートとは、白いキャンバス(画用紙)に、パステルを削って粉状にしたものを叩いて乗せたり、伸ばして色を付けながら描く絵です。
パステル7
絵心や才能がなくても誰でも簡単に優しい絵が描ける、とっても温かいアートです。

今回はペットのお気に入りの写真を使って、愛情を表す絵に挑戦!
バレンタインに向けて、ハートを意識しました。

本日のご参加者様は全員パステルシャインアート初体験!

まずは練習。画用紙の周囲をマスキングテープで保護して、削ったパステルチョークの粉をコットンで塗りつければ、絵が描けちゃいます!

練習で描いたのがコチラ
描く前に部屋の明かりを消してリラックス&精神統一してイメージした円を表しました。
パステル8

いざ本番、ペットへの愛を再確認するイメージを浮かべてから作業開始。
音楽に耳を傾けながら、部屋にはウッディ系のアロマを焚いて香りに包まれながら、全員が無心になって黙々と描き進めました、それでも心は愛しいペットの元へ!
パステル2

パステル1

本日の作品たちです!
パステル3

パステル4パステル5

お互いの作品を見ても、愛情が溢れているのが伝わり、心が温まります。

お互いの作品を見ても、愛情が溢れているのが伝わり、心が温まります。

【ご参加者様の声】
・とってもとっても楽しかったです。ありがとうございました。
・はじめてのパステルシャインアート、とても楽しく時間がいつの間にか過ぎていました。無になる、空になる。ありがとうございました。
・とても楽しく時間もあっという間に過ぎてしまいました。誰でも特別な技法を使わなくても描けるパステルシャインアートは素晴らしいです。是非帰ってからも描いてみたいと思います。お土産にパステルも頂けて感動しました!また是非参加したいです。
・自由に絵を描くことができて楽しかったです。自分の好きな愛犬とイメージをリラックスして描く時間がとても良かったです。家に戻って知り合いやボランティアとの交流にも活用してゆきたいと思います。また機会があったら参加したいです。

とってもハートウォーミングで好評を頂けたこのセミナー、是非また開催を企画致します!
どうぞお楽しみに!

 

 


 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ