「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

獣医師からの健康注意点

予防をしっかり!ペットに広まる「花粉症」

ぼくらも辛いワン

ぼくらも辛いワン

【症状】

・目をかゆがる。あまりのかゆさと炎症で、目の周りがパンダみたいに赤く腫れ上がり、毛が抜け落ちてしまこともあります。

・くしゃみ、鼻水が止まらない。あまりのくしゃみの激しさで、下あごを地面に打ち付けて歯が折れるケースもあります。

・散歩から帰宅した後に、足やお腹をかゆがって掻きむしり、毛がなくなったり薄くなったり、湿疹がみられることもあります。

 

【対策】

花粉の時期に体をかゆがったり、くしゃみが増えたなと思ったら早めに動物病院に連れていきアレルギー検査をして適切な治療をおこないましょう。症状がひどくなると鼻粘膜が荒れてしまい治療も難しくなってしまいます。
検査をするまでは、他の重大な病気の場合もありますから、安易に花粉症とは決め付けないほうが良いですね。
(スギ・ヒノキ花粉は2月~5月に症状が出ますが、ワンちゃん達の花粉症のピークは、ブタクサなどのイネ科植物が原因の場合が多いので5月から8月頃ともいわれています。)

 

【飼い主さんにできる予防方法】

☆お散歩は花粉の飛散の多い時間帯といわれる昼12時頃と、その次に夕方の6時前後を避けましょう。雨が降った翌日は花粉が乾いて再び飛散するので、飛散量が多くなるといわれています。

☆服を着て出かけましょう。帰ってきたらその洋服は脱ぎ花粉を家の中に持ち込まないようにしましょう。
服で保護できない目の周り、足の裏は、花粉を直接地肌に付けないように散歩前に保護パウダーで保護しましょう。

☆散歩から帰ってきたら濡れたタオルやシャワーを使って、保護パウダーや散歩中に付着した花粉を洗い落としましょう。
花粉がつきやすい前足・後足・お腹・顔は念入りに洗い流しましょう。
ただし、シャンプーのしすぎは皮膚炎やストレスの原因にもなるので注意 が必要です。

☆ペットは人間より床に近い所に鼻があり、床に落ちた花粉を吸い込みやすいので、頻繁な掃除や空気清浄機が有効な場合もあります。人間同様、免疫力が低下していると症状もひどくなる場合が多いので、充分な睡眠と適度な運動、環境ストレス(暖房による乾燥や低湿度)に注意して過ごしましょう。

協会からのお知らせ

阪神淡路大震災から19年「ペットと避難」に備える

阪神淡路大震災から19年目の今日、朝5時46分に黙祷をして、改めて災害への準備や心構え、避難を予想した訓練の大切さを実感しました。動物愛護法が改正されてから、災害時のペット同伴受け入れを各自治体で対策されていると思いますが、ご自分の地域はどうなっているのか、最寄の避難所はどこか等、確認しておきましょう。
被災された方の声を参考までに掲載させていただきます。
「阪神大震災で被災しました。
その時一家は犬を飼っており、当時もやはりペット受け入れ施設が見つからず、避難所となった中学校の駐車場で車の中で過ごしました。
車で過ごすのもエコノミー症候群の問題もあり、夫婦で交替で犬と一緒に車で就寝し、一人が体育館で眠るという生活。辛い事ですが、避難所は元々人間の為のものなので仕方ないのですよね。
私は大型犬ばかりなので、その時のためにと思って犬に使うように小型の簡易テントと係留用の鎖・打ち込み杭(鎖を留めるためのねじ込み式のもの)、ハーネスと首輪、登山用のカラビナ、毛布、缶のフードは車に積んでいます。人間用の避難用品と一緒に。
避難所の敷地内に繋がせてもらえるだけでいいと考えるしか無いと思っています。屋根はあると思いますし・・。うちも普段室内なので気持ちとしては中に一緒に居たいのですが、他の方のことを考えると言えないですよね。」

 

「震災で最寄の小学校に避難しました。体育館は既に足の踏み場もなく、真っ暗で暖房もない教室で夜を明かしました。狭い教室の中、ペットの犬を連れた方がいましたが、正直大変迷惑でした。余震と寒さで皆さん なかなか寝る事も出来ず、うとうとした状態で夜明けを待っていたのですが、鳴き声がうるさく、又それをたしなめる飼い主の声にイライラしてました。
結局他の方から苦情が出て、夜明け前に教室を出て行かれました。我が家も猫を飼っていますが、泣く泣く家に置いて行きました。
避難下においては子供やお年寄りが優先となります。見ず知らずの方々と協力し、多くの我慢を強いられる避難生活です。ペット同伴での周囲への気遣いは、かなりのエネルギーを要します。因みに、買物は一週間位まともに出来ませんでした。どこもペットフードは完売でした。」

 

愛玩動物救命士の東日本被災地リポートでは被災された飼い主さんとペットを取材しています。
よろしければお読みください。

 

協会からのお知らせ

「ミニチュアダックス健康管理セミナー」開催します!犬種別対策第1弾企画

開催日時:3月23日(日)10:30~12:00

犬種別の病気傾向対策セミナー第1弾!開催します。
犬に触れて覚える実技が中心。すぐに役立つ内容充実の他に例を見ない犬種別健康セミナーです。

「椎間板ヘルニア」になりやすい犬種とは?
ミニチュアダックスフンド、シーズー、ウェルシュ・コーギー、ペキニーズ、ビーグル、フレンチブルドッグなど「軟骨異栄養犬種」に多く発症すると言われています。
獣医師からヘルニアの予防、実例、治療方法、対策、他の病気や健康管理を詳しく学びます。
◆もちろん他の犬種の飼い主さんも、どなたでも、関心のある方のご参加大歓迎です!
◆愛犬同伴OK♪心配なこと獣医師さんに相談しましょう。

一緒に参加して楽しみましょう♪

一緒に参加して楽しみましょう♪

【講義】
「ミニチュアダックス」という犬のほかの犬種との違いや生理、生態、特性、病気傾向や予防対策など数多くの臨床事例の基づき、この犬種について東洋医学も取り入れた専門獣医師がやさしく解説。お悩みや疑問にお答えします。
【実技】
アメリカの獣医育成大学で使用するモデルロボット犬を使い心臓マッサージ体験、参加された同伴犬に股関節マッサージなど学ぶ。
【質疑応答】
こんな時どうする?困っている症状を獣医師に相談 ご自分でできる毎日のケアーを学ぶ。

 

●受講料:1名10,000円 同伴犬は1人1頭まで お申込はコチラ

3月23日(日)13:30~15:30開催の「動物の救急救命実技セミナー」にもご参加される場合は、
2講座合計¥20,000から¥5,000割引いたします。
2講座受講料¥15,000 お申込はコチラ

同伴されるワンちゃんは予防接種済み、吠えない、噛まないなど社会性のある小・中型犬に限らせていただきます。

●定員:10名  最少催行人数5名
●講師:芝田守孝獣医師
協会顧問獣医師、日本ホメオパシー医学会(獣医師部会)会員、獣医東洋医学会会員、
日本リハビリテーション研究会会員、小動物鍼灸漢方研究会全講座修了
●開催場所: 一般社団法人 全日本動物専門教育協会 事務局内セミナールーム
〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-5銀座オオイビル5F

獣医師からの健康注意点

あかぎれ・しもやけ予防に肉球ケアが大切!

犬は寒さに強いと言われていますが、雪道のお散歩はどうでしょう。
喜ぶワンちゃんは良いですが、寒がって震えるようなら無理せずに様子をみてください。
寒さへの適応力には犬種差や個体差があり、雪道に凍結防止に散布された塩で肉球を痛めてしまうこともあるそうです。
外出で濡れて汚れた肉球は、ぬるま湯で洗うか丁寧にタオルでふき取って保湿クリームを塗り、あかぎれ・しもやけを予防しましょう。
人間も乾燥によってあかぎれになりやすくなるのと同様に犬の肉球も「ひびわれ」「あかぎれ」になりやすいのです。
犬用の「ワックス」や「オイル」「保湿クリーム」をまめに塗ってあげるようにしましょう。
雪遊びをした後には、耳・しっぽ・肉球が「しもやけ」になりやすいので、遊んだ後はドライヤーなどを使って温めて乾かしてくださいね。

肉球がひび割れてきて痛そうな場合には、靴を履かせてあげると歩きやすくなります。
過保護と思われるかもしれませんが、私たちも指のあかぎれやひび割れ状態が続くと痛くて辛いですよね。ただし、犬は本来、足の裏で多くの情報を収集しています。靴やブーツを履かせることにより、危険を回避する本能が衰えないともいえません。症状が酷い時の対応策にして、普段から健康管理を続けましょう!

たっぷり保湿でプニュプニュ守ろう♪

たっぷり保湿してプニュプニュ守ろう♪

協会からのお知らせ

災害時の持ち出し品のチェックを!

季節により避難リュックの中味も違ってきます。冬は防寒グッズやカイロなど多めに準備をしましょう。
常用薬と最低3日分の水とフードを忘れずに!
東日本大震災後のある避難所では、人の食事は配給されましたがペットフードはありませんでした。私達は配られた菓子パンやおにぎりなど食べることが出来ますが、決まった銘柄のフードしか食べないペット達は大変なストレスになり体調を崩しやすくなります。
普段から様々なフードに慣れておくか、お気に入りフードを多めに用意するか、準備をしましょう。

環境省「被災動物の救護対策ガイドライン」の概要より、「災害発生時は原則として、飼い主とペットは同行避難を行うこと。自治体に対し、避難所や仮設住宅へのペット受け入れの配慮を求める。飼い主にもペットの避難用品を準備し、避難所でほかの人の迷惑にならないよう、必要なしつけをするよう促す。」
避難先でもペットと一緒に過ごせるよう普段から社会性を身につけてあげることが大事ですね。

一緒に連れていってね♪

一緒に連れていってね♪

 

獣医師からの健康注意点

ペットの咳に注意 

ワンちゃんが急に激しく咳をしたら要注意!
冷たく乾いた外気を吸い込むことで咳がでます。免疫力が下がっているとケンネルコフや肺炎を併発し、
発熱、鼻水、目やに、くしゃみなど風邪のような症状も表れます。ケンネルコフはワクチンで予防できますので必ず接種してください。
ワクチン接種が済んでいない子犬や接種後間もない場合は複数の犬が集まる場所に行かないようにしましょう。
風邪の呼吸器疾患は加湿器をつけることで改善されますので、掃除をきちんと行い、部屋の換気もしてください。高齢の場合は心臓疾患が原因での咳をすることがありますので、その見極めも必要になります。早めに診察受けましょう!
寒さを元気に乗り切るためには適度な運動や遊びの後にゆっくり休むことも必要ですね。
ポメラニアン                   寝る子は育つ♪ 良い睡眠は免疫力アップします。

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

我が家のペット(合格者の声)

愛玩動物救命士のペットさんご紹介します!
ご投稿者:舛本英治様(平成25年6月18日合格)

みーちゃん♪

現在は、6匹のネコちゃんと暮らしています。
始まりは、栄養失調の妊娠したねこちゃん(みーちゃん)を保護をして家族にしたのがきっかけでした。
獣医さんからも「おろすか生ませるか・・」の判断を迫られましたが、授かった命の灯を消してはいけないと思い、出産させることにしました。
そして、そのままみんなで暮らしています。
その後も、1匹の子猫を保護をして今に至っています。
家族として迎えた以上、守ってあげられるのは自分しかいない。
そう思い、緊急時でも落ち着けるようにと愛玩動物救命士の資格を取得させて頂きました。
気持ち的に、すごく力強い資格です。
そして現在は、猫健康管理士の合否の結果待ちです。
これからも、末永く一緒に暮らしていきたいと思っている今日この頃です。
※みーちゃんの可愛くて個性的な子供達のご紹介はコチラ

 

※受講生、合格者の皆様からの可愛いペットの写真お待ちしております!

協会からのお知らせ

明けましておめでとうございます

本年も皆様にとって良い一年となりますようお祈り申し上げます

今年も愛玩動物救命士事務局では、「動物の命の大切さ」「家族であるペットの命を守る」ことをより多くの方に知っていただくため、獣医師と連携をとりながら情報を発信していきたいと思っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

お正月如何お過ごしでしょうか。
最近では、初詣にペット同伴OKの神社が増えました。大好きなペットと一緒にお出かけは楽しい!
でもちょっと待った!人出の多い場所に連れていくと、普段と違う様子に動物たちは興奮して、おとなしいワンちゃんが吠えてしまったり、屋台のいいにおいにつられて飼い主さんとはぐれてしまったり、食べ物の串や割り箸が落ちていたり、、数え上げたら動物にとって危険がいっぱいとも思いませんか?家族みんなで新年のお参りをしたい気持ちは大賛成です。ペット同伴で外出する際は、思いもよらない事故やケガから大切なペットを守るため、混んでいる日や時間帯を避けましょう。

皆様に幸福招きましょう♪

皆様に幸福招きましょう♪

 

 

※皆様からのコメント、可愛いペットの写真お待ちしております!

 

 

ページの先頭へ