「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

獣医師からの健康注意点

ペットと過ごす冬に気をつけること「火傷に注意」

電気のコードやコンセントを噛んで、感電事故を起こす場合があります。
特に子犬や子猫は要注意!万が一コードを噛んだ場合は、すぐにブレーカーを落とし、飼い主さんが感電しないようにゴム手袋をはめてから、コンセントを抜いて下さい。意識を失っている場合はすぐに病院へ「緊急です」と言って連絡を入れてください。元気があっても、口の中やまわりを火傷していたりするので、必ず診察を受けるようにしましょう。感電は冬以外でも通年おこりますが、冬場は電気ストーブやホットカーペットのコードが増えるので特に気をつけましょう。ウサギやハムスターも同様に注意が必要です。

寒がりだけど火傷には注意してね!

寒がりだけど火傷には注意してね!

猫はお風呂のふたの上も大好きです。体重でふたがずれ、湯に落ちて火傷をしたり、溺れたりしないように気をつけてあげて下さい。
また、ホットカーペットによる低温火傷も要注意!数日後に毛が抜けたり、赤く腫れてくることもあるので、お腹のあたりを注意してみてあげてください。

 

獣医師からの健康注意点

年末年始はペットの誤飲に要注意!

誤飲事故増加シーズン要注意&年末年始に備えて常用薬を多めにもらう

ペットの誤飲事故は、毎年12月にもっとも多くなり、その後1月〜3月ごろまで継続して多く発生する傾向が見られます。年齢別の発生率では、犬猫ともに0歳がもっとも高く、年齢が上がるとともに低下していくそうです。

家でクリスマスパーティーや忘年会が開かれると、来客などで飼い主さんの注意が散漫になりがち、ペットも普段と違う雰囲気に興奮しています。
ツリーの飾りが床に落ちていたり、ポインセチア(中毒になる恐れがある)やプレゼントのリボン、チキンの骨といった人の食べ残しなど、ペットにとって危険なものがいっぱい。
食事時間だけでもケージに入ってもらう方がペットのためでもあるそうです。
ホームパーティの来客にはあらかじめ「ペットのためにも普段食べない物をあげないようにお願いします」とひと声かけておけば、みんなが気分よく過ごせて、事故を防ぐことができますね。

病院が冬休みに入るこの時期は、24時間対応や緊急対応のできる動物病院を是非確認しておいてください(人・㉨・)♡
普段飲んでいるお薬は、かかりつけの獣医さんに多めにもらっておきましょう。
クリスマス犬

 

 

 

★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

受講のきっかけ「愛犬へのクリスマスプレゼント」(受講生の声)

愛玩動物救命士受講生の声をご紹介します!

「私は主人が韓国人の為に6年前に韓国に移住しました。
そのとき10歳だった愛犬(お名前:マメ、16歳、MIX)ももちろん一緒に移住し、今月の7日に16歳のお誕生日を迎えました。
生まれたときからずっと一緒で健康管理やストレス管理、自分なりに本当に頑張ってきたつもりです。
おかげで16歳になるまで大きな病気もけがも一度もなく現在も元気に走り回っています。
私が19歳の時に産まれて私ももう35歳。20代は全部一緒でした^^
本当に私の宝物です。
愛玩動物救命士の資格を取ろうと思ったのはもちろん愛犬のためです。
16歳という高齢と8月に息子が生まれてから私のあとを24時間ついてくるようになり、いままで私と主人の愛情を独り占めにしていたのできっと寂しいんだろうと何をしてあげたらいいか、どのようしたらいいのか、
高齢になって寂しい思いをたくさんさせてしまっているのだろうか、、私がすごく悩んで資格取得を決めました。実はこれが今年のクリスマスプレゼントなんですww」
ご投稿者:張 衣里 様(韓国・ソウル在住)
サンタトレイン

マメちゃんへの素敵なクリスマスプレゼントですね!

皆様も是非大切なわんちゃん達のために学んでみませんか?

※皆様からのコメント、可愛いペットの写真お待ちしております!

 

 

受講生&合格者の声・我が家のペット写真

我が家のペット!イグアナさんも!(合格者の声)

愛玩動物救命士合格者の声をご紹介します!
「動物の専門学校(トリマー科)を卒業ののち動物病院2年、ペットショップ7年勤務し、結婚。現在子育てがひと段落したので動物病院でトリミングのパートをしております。動物看護の知識が薄いためスキルアップをしたいと思い愛玩動物救命士の資格を取得しました」
ご投稿者:トリマーママ様(平成25年11月14日合格)

ダックスのがっちゃん、 プードルのモー子ちゃん、イグアナの姫ちゃん

ダックスのがっちゃん、プードルのモー子ちゃん、イグアナの姫ちゃん

イグアナの姫ちゃん存在感ありますね!お揃いの服がお似合いです♪
ツリー

 

 

※合格者の皆様からの可愛いペットの写真お待ちしております!

 

 

動物の救急救命実技セミナー開催しました(2013年12月1日)

獣医師から学ぶ「動物の救急救命実技セミナー」を開催しました。

ロングコートチワワの「リック」君 優しくておとなしい好男子♪

ロングコートチワワの「リック」君 優しくておとなしい好男子♪

コーギーの「みみ」ちゃん とっても良い子で心音も聴き易い♪

コーギーの「みみ」ちゃん とっても良い子で心音も聴き易い♪

可愛い同伴犬がたくさん参加!

可愛い同伴犬がたくさん参加!

柴犬の「婿くん」脈を計測させてね。

柴犬の「婿くん」脈を計測させてね。

心音確認や脈計測に同伴犬さん達も協力してくれました!有難うございました。是非、日々の健康管理に講座の実技体験を活かしてくださいね!
【参加者の感想】
「被災地の移送ボランティアをしており、移送中の緊急時の対応を学んでおきたかったので参考になりました。」
「犬だけでなく、猫の実技も経験したい。」
「病気やケガなどもしもの時にどうすれば良いのか、ちゃんと考える機会ができてとても良かったです。」
「知識をもってパニックにならずに対応できるようになりたい。普段の健康状態の管理もできるように教わったので良かった。」
「知らない知識ばかりで良い知識が増えました。」

「ペットを守る!救急救命実技セミナー」
次回は2014年2月2日(日)14:00~16:00開催
どなたでもご参加できます。
受講料1名¥10,000 同伴犬1頭¥500(いずれも税込み)同伴犬は先着5頭まで受付します。

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ