「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

誤食に注意!《獣医師からの健康注意点》

こんにちは。梅雨が続いてジメジメしますね。

以前、青梅を食べたミニチュア・ダックスさんが来院しました。
朝、飼い主さんがお庭の掃除をしていた時に、一緒にいたわんちゃんが落ちていた青梅を食べてしまったとのことです。
青梅には、アミグダリンという青酸の成分が含まれ、中毒の症状としては嘔吐や下痢を示します。
1個食べたからといって、すぐに中毒症状になるわけではありませんが、食べないほうが良いでしょう。食べた実は1cmくらい丸々1個食べたと飼い主さんは言っていました。

食べてから2時間は経過していましたが、吐き出させることにしました。
なかなか吐き出さなかったのですがようやく吐き出したものは、実が直径3cm以上あり、 種が1cm以上ありました。予想以上に大きかったです。

 

この大きさですと、梅の種が小腸に引っ掛かり、腸閉塞を起こしていたかもしれません。
とても危険でしたが、まだ胃の中にあって吐き出すことができたので大事には至りませんでした。
梅や桃、アンズ、プラムなどの種は危険ですので、くれぐれも注意しましょう。

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★

メルマガサンプルはこちら (アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ページの先頭へ