「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

ペットのアレルギーについて②《獣医師からの健康注意点》

こんにちは、先週に引き続き今週もアレルギーの話です。

接触性アレルギーの原因は、食器やおもちゃ、じゅうたん等です。

アレルギー物質と接触していた部分だけに強く反応が出るのが特徴です。

 

安いプラスチックの器を購入してきてご飯を与え始めたら、口の周りだけ赤くなってきて、フードを変えても皮膚症状は改善しない… そんな時に、飼い主さんにもっと詳しく話を聞いてみたら、実は食器が原因だったことがあります。

お子さんが、可愛い愛犬のためにおこづかいで買ってきたおもちゃのゴムボールが原因だったこともあります。

 

吸引性のアレルギーは、反応を起こす原因の大部分を占めるかもしれません。
人間では「アトピー性皮膚炎」と呼ばれます。
ハウスダストや花粉、ダニなどが原因で、それらを吸引して反応が起きてしまいます。
お部屋のお掃除を徹底的にして、空気清浄機をしたら多少改善しますが、完全に避けることは困難です。

 

アレルギーかな?と思ったら、まずは掛かり付けの動物病院で相談してみましょう。

メルマガ★講座・セミナー情報、獣医師からの健康管理注意点など飼い主様に役立つ情報配信中★
メルマガサンプルはこちら
(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ページの先頭へ