「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

ペットのフィラリア対策は11月~12月まで続けましょう

<愛玩動物救命士> 獣医師からの健康注意点

秋に入るとフィラリア対策をやめてしまう飼い主さんが多いそうですが、ちょっと待った!
蚊は気温15度~30度で活動が活発になると言われています。
いわばこれからの季節が要注意です。

フィラリアに対する薬は、予防するものではなくて、駆虫する薬であるということ。
蚊を最後に見かけてからプラス1ケ月または2ケ月は服用させると言われています。
関東では11月くらいまで、気温の高い地域では12月くらいまで薬を続けることをおすすめします。薬を服用すると、小さいフィラリアや未成熟のフィラリア(ミクロフィラリア)を殺す作用があり、その時点で駆虫しています。たとえば薬を飲んだ次の日には、薬は代謝・分解されてしまって体内には残っていないので、その日に感染したものは、1か月後の投薬日に駆虫されます。蚊が居なくなってから、プラス1ケ月または2ケ月後まで服用するのはそのためです。

薬剤を継続するのは、関東ですと、4、5月~11月7か月~8か月間(7~8回の投与)。
蚊が居なくなってからのプラス2か月間が大切と言われています。
というのはこのお薬は、フィラリアの子虫を殺すお薬で、9月1日に内服すると、1ヶ月前の8月1日からの感染を無かったことにします。
そのために、9月くらいで薬剤の投与を終わりにしてしまうと、万が一、それ以降に感染してしまったフィラリア症を無効にできていないことになります。
それなので、「予防薬」というよりは「駆虫薬」「駆除薬」という認識が必要かもしれません。

「薬の投与」というと、飼い主さんの多くは毛嫌いしてしまい、蚊が居なくなったんだから内服薬の服用は止めたいと思ってしまうのも当然です。ただ、上記の理由で、蚊が居なくなった時期のプラス2か月、プラス2回分、愛犬にお薬を与えることが重要なことを覚えておいてください。

お散歩の機会が増える秋こそ、虫刺されには十分注意してあげましょう。
犬糸状虫(フィラリア)は蚊の媒介によってのみ感染しますが、
媒介する蚊の主なものは アカイエカ、 ヒトスジシマカなどよく見るごく普通の種類です。
感染した場合は、毛づやが悪くなる、咳、腹部が膨らむなどの症状がみられます。重篤になると、呼吸が苦しくなったり、心臓が苦しくなったり、血尿がでます。普段と様子が違うと思ったらすぐに病院へ!
★健康注意点など飼い主様への情報を配信中★メルマガ登録はこちら(アドレスだけで登録できますので是非お気軽に)

ペットの健康注意点

ページの先頭へ