「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

ペット災害危機管理士 受講生急増中!

<発足の背景>

当協会では飼い主の皆さんの危機管理に対する啓発のため既に愛玩動物救命士の育成に努めてまいりました。その有資格者を基礎に災害時(地震、火災、日常事故を含む)に、ペットと飼い主を避難誘導、救援等するため、愛玩動物の飼い主の統率を取るリーダーの育成が必要となっています。ペット災害危機管理士4級から1級まで、知識、技能、判断力、統率力を評価した資格認定制度とします。有資格者の増大により飼い主への安心安全サポートを強力に且つ効果的に行うことに貢献します。

 

<資格の内容>

ペット災害危機管理士試験は、緊急時に取るべき行動や知識レベルに応じてペット災害危機管理士4級レベルから1級まで各段階を設定していますが、級が上がる毎に知識だけでなく取るべき行動や瞬時の判断力、また、グループを束ねた救助活動を行うための実務能力も身に付くように設定します。
4級は通信講座または通学講座(1日)にて受講いただけます。

 

<ペット災害危機管理士>合格者の声(抜粋)

アキ&ショウのママ様(平成27年7月9日合格)
現住所が、活火山と海岸線に近いため、ペット災害危機管理者士を受講しました。総合的な知識(ハザードマップや気象問題)と身の回りの環境についての見方に気づかされました。受講した知識を活かし、知人が里親活動のお手伝いをしているので、事前準備の大切さを伝えていきたいです。

 

咲 様(平成27年7月9日合格)
東北の震災を経験し、今後起きる災害時にも、我が家の愛犬や他の動物と無事に避難できればと思いペット災害危機管理士を受講しました。講座を受講して、知らない事が多く、避難準備品や避難場所の再確認をしました。動物が一緒に避難できる場所が少なくショックでした。受講した知識を、色々な人と話し合い、動物の住みやすい地域作りに活かしたいです。

 

加藤 美雪様(平成27年6月11日合格)
災害により、人間はもとより、同じ土地で暮らす動物やペットのことを想う時、少しでも、人間ばかりのことでなく、動物やペットの役に立てる知識を得られたらと受講しました。災害時に発令される色々な文言や、危険レベルの意味を勝手な解釈をしていた・・・と気付きました。やはり改めて受講して良かったと気付きました。もう少し知識を深めていくためにも3級~1級まで受講した上で、答えを見出していきたいと思います。

 

<講座の詳細>
SAEペットの資格サイトへ移動します
「ペット災害危機管理士」
通信講座
通学講座

ページの先頭へ