「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

夏の風物詩「花火」の大きな音にご注意

愛玩動物救命士<獣医師からの健康注意点>

犬の聴覚は、嗅覚に次いで鋭く、その感度は人間の約6倍といわれています。物体が落下する音などは、犬は人間の限界の400倍の距離でも聞き取れるといわれています。

犬はどの方向で音がしたかを聞き分ける能力も抜群で、人間が16方向しか判別できないのに対して、犬は32方向です。それは、耳を動かす筋肉が大変発達していて、前後左右に向きを変えられるからで、もちろん立ち耳のほうが、垂れ耳よりも感度はすぐれています。そのため眠っていた犬が、家の人の帰ってくる遠い足音をいち早く聞きつけて玄関へとんでいくことができるのです。

夏の風物詩「花火」はとても楽しみなイベントですが、大きな音に驚くワンちゃんも多いので気を付けましょう。驚いて、パニックになったり、お腹を壊す子も居ます。中には、家を飛び出し、道路を逃げ回って、大怪我をしたワンちゃんも近所には居ます。ご注意を!
img_0

ページの先頭へ