「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

ペット災害危機管理者認定講座4級 開催レポート

東日本大震災から4年と1ヶ月の2015年4月11日
第3回目となる「愛犬を守ろう!体験型防災準備セミナー」ペット災害危機管理者認定講座4級を開催しました。
毎回、定員いっぱいのご参加を頂く当講座、今回も東海・関西地方からお越しの方もお迎えし、災害について意識すること、日頃の準備の重要さを共有しました。「防災準備」とは物資の準備だけを指すのではありません。災害・防災に関する知識を学び、学んだ内容は共有する→機能させる→継続することの大切さをお伝えしました。

CIMG7209

愛犬を守るにはまず飼い主である人が無事であること。
「如何にこの子と安全な場所へ移動できるか」緊急時・災害発生時こそ慌てず焦らず、冷静な心と判断力、飼い主が満足に動ける身体が必要なのです。

 

 

 

 

 

CIMG7213

避難経路確認アクション。意見を出し合いながら、あらゆる危険性を想定し安全な逃げ道をシミュレーション。

 

 

 

 

 

CIMG7229

班ごとにルートを発表。何故そう考えたか?色んな意見を聞き、思いつかなかったところに気付き、共有する。

 

 

 

 

 

CIMG7242

避難用品は実際に触って着用して体験。

 

 

 

 

 

 

<受講生の声>
●まだまだ防災に関する知識が足りていないと痛感しました。
●何も考えずにいたので、これを機会に考えます。
●先日、行政から配布されたハザードマップを改めて確認しておきたいと思います。
●ニュース等で見ていて、万が一を考えているつもりであっても、実際には何もしていなかったのだと思いました。

ペット災害危機管理者認定講座4級」認定試験の結果は後日郵送です。
ペット災害危機管理者4級では、防災の「準備」に特化して知識修得したことを認定します。
資格を取ったら終わり。ではなく、資格を取ったからこそ周囲の人にその知識を共有して下さい。
この資格を取得された方々から、ペットとの防災について考える方が増えること、知ること、広まることを願います。

次回の開催スケジュール・お申込はコチラからご覧ください
皆様のご参加をお待ちしております。

ページの先頭へ