「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

春先は寄生虫に用心!<予防が肝心>

ペットの資格愛玩動物救命士獣医師からの健康注意点

こんにちは。

もうすぐ春。
千葉県の房総のマザー牧場では、菜の花の黄色が満開です。
3月21日は春分の日ですが、その前に、3月6日には、「啓蟄の日」があります。

「啓蟄」。みなさんはこれを読めますか。
これは、「けいちつ」と読みます。うららかな春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い(はい)出てくるころのことです。

この時期から、いろいろな寄生虫たちも活発になってきます。
皮膚につくもの、吸血するもの、腸内にいるもの、心臓や血液にいるもの。
動物たちの体の内外で、活発になってくる寄生虫たちには、予防や駆除が重要になります。
フィラリアには月に1回の内服薬や首に垂らす液体の滴下剤。
ノミやマダニにも、月に1回の滴下剤が効果的。最近では、マダニ対策に、おやつみたいに美味しい食べるタイプ(チュアブル)も流行っています。
腸内寄生虫には、虫下し(駆虫薬)を内服しましょう。
thJK02UN8P

 

 

 

 

 

 

晴れた日には、花粉症に気を付けながら動物病院に行って、相談してみてください。

ページの先頭へ