「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

初企画!体験型防災準備セミナー開催しました

協会新企画!

第1回 愛犬を守ろう!体験型防災準備セミナー(ペット災害危機管理者4級認定講座)開催しました!

当日は東京マラソン。セミナー会場のある銀座界隈は交通規制、地下鉄出口には警備員が配置され、なんだか重々しい雰囲気。

銀座中央通りの歩行者横断も規制され、横断歩道で渡ることができなくなり、
地下道を移動するなど当セミナー参加者の皆様も非日常な警備に驚かれていました。

イベントと災害を一緒に例えることは好ましくありませんが、見物客が何万人と押し寄せる銀座通りをみていたら、災害時に帰宅困難者が殺到することを想定しました。
皆さんは災害時に自分がとるべき行動を普段から考えていますか?

抱きしめるだけではたりません。
「もしもの時」を想定し、飼い主としての防災法を学び、
ペットの身を守ることを重点に基本的な災害危機管理の知識を習得することを目的として本セミナー。

ペットの安全確保は飼い主さんの行動にかかっています。

被災地ボランティアの愛玩動物救命士から実体験に基づく講義

被災地ボランティアの愛玩動物救命士から実体験に基づく講義

飼い主さんとペットの避難準備品は同じリュックに入れましょう。

飼い主さんとペットの避難準備品は同じリュックに入れましょう。

ペットと一緒に避難するために、普段からの心構え、心の準備、物の準備が絶対必要!

受講生がチームにわかれ避難経路を考えるアクション

受講生がチームにわかれ避難経路を考える

自分で考え、どう行動するのが最良か、想定するアクション体験を交え、避難準備を再確認しました。

阪神大震災で被災した経験から考案したペット避難用品

阪神大震災で被災した経験から考案したペット避難用品

 

受講生のワンちゃんも試着してみました!

受講生のワンちゃんも試着してみました!


<受講生感想抜粋>セミナーに参加して気付いたことは?

・自分自身の体・物の準備、ペットの準備、できていないので直ぐ始めなくてはならないと思った。
・防災準備をきちんとしなければと改めて思った。ペット用防災グッズも大変便利になりました。自身、ドッグトレーナーという職業柄、伝えていくことの大切さも教えて頂きました。
・家族と今一度話し合わないと、、と感じました。
・必要な事だとわかっていたが、ついつい後回しにしていた。
・冷静になる事が大事なので、それをまず第一に考え避難経路、避難場所(ペット同行可か)チェックしたいと思います。
・意外に安全な経路を考えていなかったので大変勉強になりました。

 <次回は3月29日開催>
どなたでもご参加できます!
【開催日時】2015年3月29日(日)10:00~12:30 ※満員のため受付終了しました
開催日の最新情報はSAEペットの資格セミナースケジュールをご覧ください。

【講 師】愛玩動物救命士 市原まさはる 
【協力会社】サイデリアル有限会社(ペット防災用品開発)


 

ページの先頭へ