「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

犬の風邪~ケンネルコフに注意~《獣医師からの健康注意点》

ペットの資格愛玩動物救命士獣医師からの健康注意点

乾燥注意!部屋の湿度管理してね

乾燥注意!部屋の湿度管理してね

ワンちゃんが急に激しく咳をしたら要注意!

冷たく乾いた外気を吸い込むことで咳がでます。
免疫力が下がっているとケンネルコフや肺炎を併発し、発熱、鼻水、目やに、くしゃみなど風邪のような症状も表れます。

ケンネルコフはワクチンで予防できますので必ず接種してください。
ワクチン接種が済んでいない子犬や接種後間もない場合は複数の犬が集まる場所に行かないようにしましょう。
風邪の呼吸器疾患は加湿器をつけることで改善されますので、掃除をきちんと行い、部屋の換気もしてください。
高齢の場合は心臓疾患が原因での咳をすることがありますので、その見極めも必要になります。
早めに診察受けましょう!

咳をしているからといってただの「ケンネルコフ」だと思っていても、実はフィラリア症や心臓病、ほかの呼吸器系の病気にかかっている可能性もあります。

「元気や食欲もあるし、軽い咳をしているだけだから」といって簡単にケンネルコフだと自己診断は禁物。
咳が出ている原因を動物病院でしっかりと診断してもらうことがとても重要です。

ワクチンを接種しても、特に空気の乾燥する冬は寒冷による体力の低下でウィルスや細菌に感染しやすい状態になるため、ケンネルコフの発症も多くなります。

寒さを元気に乗り切るためには、適度な運動や遊びの後にゆっくり休むことも必要ですね。
かかりつけの動物病院がお休みになる年末年始は、緊急対応病院をチェックしておきましょう。
チワワ

 

 

ページの先頭へ