「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

ペット同伴の避難に備える

台風や大雨が多い季節です。

各地で大雨・洪水・土砂崩れ警報が出され、緊張感が走ります。

では、いざ自分の住む地域に「避難勧告」が出たら、どのように行動すれば良いのか。
大切な家族である動物を守るのは飼い主さん、あなたです。
慌てないためにも事前に調べておきましょう。

<事前に準備すること>

・事前に、緊急・災害時の動物避難場所を各都道府県・市町村に確認してください。
役所や警察、消防署からのお知らせや緊急メールが届くように登録しましょう!
災害以外の地域活動など全般お知らせが届くような設定もありますが、万が一の情報をいち早く知るためにも是非!

・避難勧告発令時には、必ずご自分の家族である動物についての対処を確認しましょう。
すでに多くの自治体では避難時には動物を連れて行くことを容認しています。
・あなたの避難袋とともに、動物用の非常避難用品もそろえておきましょう。
・犬の場合、鑑札は必ず首輪につけておきましょう。
・予防接種やワクチンなど、緊急時に人やほかの動物との避難生活に必ず必要な処置をしておきましょう。
フード、食器、リード、大好きなおもちゃなど、ペットのための備えも忘れずに!
・避難先で犬が吠えないように普段から口輪の練習をしておきましょう。
普段おとなしい性格でも、環境の変化で吠えたり、咬んだりすることがありますので要注意!
飼い主さんが落ち着いて、犬が不安がっていたら抱きしめてあげてください。
01cageこのようなケージに入れられた場合、落ち着いていられるでしょうか。
災害時の避難でストレスにならないよう、普段からケージで過ごすことに慣れておくことも大事です。
家族の食事時間は必ずケージで待機させる習慣などを日常的にすると、誤飲誤食も防げますね。

災害発生時は、ペットもパニック状態になることが考えられます。まず飼い主さんが身の安全を確保して冷静に落ち着いてください。
まずは深呼吸しましょう。
家を離れる際は、リードをつけたり、キャリーバックに入れるなどして必ず連れて行くこと。
ペットを放して家を出てしまうと、人を襲うことも考えられます。
避難所が例えば学校ならば、校庭につないでおくことが可能な場合もあります。
また、ペットの預かり所や救護所ができる地域もあります。普段から散歩の途中に避難場所を見ておくことをおすすめします。

総務省HP 避難時持ち出しリスト

総務省消防庁HPより 避難時持ち出しリスト

大震災時、避難所までに食糧ほか物資が届くまで平均3日かかったそうです。

ですから最低3日分の水と食糧(もちろんペットの分も!)は普段から準備しておきましょう。
携帯電話が通じにくくなり、公衆電話を利用することも考えて10円玉を多めに持つと良いかもしれません。

 

 

 

ページの先頭へ