「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

「犬」としての欲求を満たしてあげる生活を与えてあげること

GW真っ最中!皆様いかがお過ごしでしょうか。
ドッグカフェやドッグランなどペットとお出かけする方も多いでしょう。
利用する前に目的地のサイトを確認して注意事項やマナーを守り楽しく利用してください♪

ダックス1

愛玩動物救命士の大田麻里子さん(ドッグラン管理者・ドッグトレーナー)運営のピリコロ★カンパニーより記事抜粋しました。
しつけで良い子にするのも勿論大切ですが、その前にワンちゃん達の本当の姿を愛して受け入れてあげましょう。

「やめろ~って言ってやめてくれれば苦労しないけどつい・・・
本の通りにやってるのに~!
あれも試した、これも試した・・・
もう駄目!ウチのワンコは困った子なんだ・・ふぅ 」
よく思うことですよね。

でも、やめてほしいな~と思うワンちゃんの行動は、
実は私達が強化してしまっている場合がとても多いのです!

例えばこんなコト・・・
【吠える】
[飼い主さん]うるさいっ!静かに!
[わんこ]わーい 吠えると飼い主さんに気にしてもらえる!!
【いたずら】
[飼い主さん]いけない!!!
[わんこ]にやり 怒る前にいたずらされないような環境づくりをうっかり・・・
【飛びつき】
[飼い主さん]やめて~・・・でもかわいいからつい褒めたり撫でてしまう。。。
[わんこ]ほほう 飼い主さんが褒めてくれた!もっとやるぞ~♪

頭ではわかっているんです。
でも毎回完璧になんてできません・・・

怒ってばかり、ピリピリイライラではお互いに辛すぎます。
でも疲れてきちゃうときもあります!!あるんです~

そんなときどちらを選択しますか?

A:さらにリーダーシップをとるために 自分を戒めて、厳しく効き目のありそうなことをやる!
B:注意するのではなく、もっと 簡単でお互い楽しいやり方をやる!
どちらも、正解だと思います。
ワンちゃんとの生活は 飼い主さんがどうしたいか。 だからです。

ワンちゃんの本来の本能をもっともっと発散させてあげるやり方はどうですか?

発想の転換をしちゃいましょうっ
狭い日本で暮らすワンちゃんは、たくさんの我慢を強いられています。
吠えるのダメ・暴れるのダメ・噛むのダメ・ひっぱるのダメ・・・あれもこれもダメ!!

禁止でなく、欲求を満たすために逆に遊びなどに取り入れてしまいましょう。

そもそも困っている行動の原因は何でしょうか。
この正常なワンちゃん本来の行動の制限にも少なからずあると思います。

そして多くは仔犬時代、早い段階で親や兄弟から離れて犬の社会を知らずに人だけ(それも家族のみ)の交流しかなかったりすると犬同士のルールや、社会化不足になり、警戒心・恐怖心・依存心などが主に強くなってしまったりします。

しつけをする。
というのはオスワリやマテを教えることだけではありません。
ワンちゃん本来の正常な本能を、正しく発散させてあげて
「犬」としての欲求を満たしてあげる生活を与えてあげること。

そのうえで人間社会で、それぞれの家庭で生活するルールを教えてあげるということです。

そして沢山の人・犬・動物・場所・シュチュエーションなど、
より多くの経験をさせてあげることで、ワンちゃんは
どんどん知恵や自信がついていきます。

ページの先頭へ