「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

災害時の持ち出し品のチェックを!

季節により避難リュックの中味も違ってきます。冬は防寒グッズやカイロなど多めに準備をしましょう。
常用薬と最低3日分の水とフードを忘れずに!
東日本大震災後のある避難所では、人の食事は配給されましたがペットフードはありませんでした。私達は配られた菓子パンやおにぎりなど食べることが出来ますが、決まった銘柄のフードしか食べないペット達は大変なストレスになり体調を崩しやすくなります。
普段から様々なフードに慣れておくか、お気に入りフードを多めに用意するか、準備をしましょう。

環境省「被災動物の救護対策ガイドライン」の概要より、「災害発生時は原則として、飼い主とペットは同行避難を行うこと。自治体に対し、避難所や仮設住宅へのペット受け入れの配慮を求める。飼い主にもペットの避難用品を準備し、避難所でほかの人の迷惑にならないよう、必要なしつけをするよう促す。」
避難先でもペットと一緒に過ごせるよう普段から社会性を身につけてあげることが大事ですね。

一緒に連れていってね♪

一緒に連れていってね♪

 

ページの先頭へ