「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

ペットに服は必要?

秋風をひんやり感じるようになり、お散歩中かわいい服を着たワンちゃんを見かける季節になりました。

ペットに服は必要?どうぶつ病院の先生はよく質問を受けるそうです。

☆獣医師より☆

「犬の洋服は、免疫力を高め、治癒能力も高まるので良い、という報告があります。

ただ、わきの下や首、袖などあまりきつ過ぎると血行が悪くなり悪影響ですし、ダブダブに緩いと風が入り暖かくないので意味がありません。」

resizeCAUP087J

チワワなど暑い原産国の犬種は日本の秋冬の寒さが苦手な子もいるでしょう。

(チワワの原産国はメキシコと言われています)

個体差がありますが、飼い主さんの趣味で服を着せるか着せないかではなく、体調管理のために、そのワンちゃんにあった対策をしてあげてください。服を着るメリットとしてよく言われていることがあります。

 

①皮毛の飛散防止

公共の場やドッグカフェなどペット同伴で入店できる施設が増えてきました。お出かけに犬を連れていく時、迷惑がかからないように服を1枚着せるだけで随分違います。

 

②アレルギー対策

虫刺されや皮膚炎などを起こして犬が患部をなめたり掻いたりするのを防ぐ、特定の植物や物に触れると起こるアレルギーの予防・対策にもなります。

 

③見つけやすい!
ドッグランなど広い場所で走り回っていると、アレ!うちのこどこ?と探すことがあります。そういう場所では特徴的な服を着ているとすぐに見つけることができます。

季節や場所に合わせて、上手に体調管理をしてあげましょう!

ページの先頭へ