「愛玩動物救命士」は一般社団法人全日本動物専門教育協会が認定するペットの資格です。大切な動物たちを守るために、必ず役立つこの資格を通信講座で!

被災地リポート[Vol.25] 復活の兆しその②

【湊のネコの家完成】
2013
7月、3ヶ月ぶりに石巻市湊地区にある萬代宅を訪ねた。

そこには明るい表情の萬代さんが可愛い新築の家の前で出迎えてくれた。

2013年7月完成した萬代宅 ネコ専用に部屋の中に大きなスペースを設けた

2013年7月完成した萬代宅
ネコ専用に部屋の中に大きなスペースを設けた

「萬代さんに本物の笑顔が戻った」

萬代さんとお会いして3年。被災前は私塾の先生として多くの子供たちに勉強を教えていた。勉強や進学のみならず時には相談役として子供の親たちからの信頼も厚く頼りになる塾の先生として活躍していたのだ。しかし震災で塾もろとも流され仮設住宅での避難生活を強いられる。塾は解散。塾生たちも離散し仕事が無くなっていった。

震災の年2011年11月旧萬代宅の取り壊し

震災の年2011年11月旧萬代宅の取り壊し

そんな中、津波で被災した元住宅付近でさまようネコ達に3年間に渡り救いの手を差し伸べることは続けていた。我々が訪ねて行くといつも笑顔で迎えてくれた萬代さん。ほんとうは辛いこといっぱいだったのにそんなそぶりは一切見せなかった。気丈な人だけに弱さを人には見せたくないんだな、と、お会いするたびにそう感じていたものだ。毎日6キロほど離れた仮設から車で旧住居のある湊(海岸)地区へやって来てはネコ達にご飯を、必要なら捕獲して避妊去勢を自費で行っていた。そんな姿に感動し遠く香港のボランティアからも毎月少しだがネコへの支援物資が今でも届く。久々に訪れたこの日、完成した萬代宅前で萬代さんの記念写真をパチリッ。そして新居の感想を聞くと、「これでネコたちも安心だべさ」という答えが返って来た。

2013年春 ネコの仮住居(左)と新築中の萬代宅(右)

2013年春 ネコの仮住居(左)と新築中の萬代宅(右)

 萬代さんは自らのことよりやっぱりネコが一番なのだった。ここにも復活の兆しを見る思いがした。一人の日々の努力が人のみならず動物にも支援の手を差し伸べやがてそれが小さな実を結び小さな花が咲く。ネコの恩返しも近いか!ほんとうに嬉しそうな萬代さんに再訪を約束し更地が広がる湊地区を後にした。

(取材・愛玩動物救命士 平澤たいら)

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ